日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 新型コロナ、無症状の感染者からも発症者並みのウイルスを検出

トピックス

新型コロナ、無症状の感染者からも発症者並みのウイルスを検出

SARSとは異なるウイルス排出パターンが感染拡大の一因に?

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 中国・広東省で新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染したものの、症状が出なかった(発症しなかった)患者の鼻とのどから、発症者と同程度の量のウイルスが検出されたことが、2020年2月19日付New England Journal of Medicine誌のCorrespondence欄に報告されました(*1)。この結果は、感染しても症状がない、またはわずかな症状しかない人からも、新型コロナウイルスの感染が広がる可能性を示唆するものです。

新型コロナウイルス感染症がSARSよりも爆発的に広がっているのは、ウイルスの排出パターンの違いのせい?(写真提供:国立感染症研究所)

SARSが古典的な「隔離と検疫」で終息した理由は?

 2002~2003年に、世界25カ国以上で8096人が発症したSARS(重症急性呼吸器症候群)の場合、原因となったコロナウイルス(SARS-CoV)には以下のような特徴がありました。

SARSコロナウイルスの特徴

  • 患者本人の発症から数日を経てから、周囲の人に感染し始める
  • 発症から間もない患者の気道にはウイルスは少ない
  • 気道のウイルス量が最も多くなるのは、発症から10日前後

 SARSは、ウイルスの持つこうした特徴から、古典的な「隔離と検疫」によって終息したと考えられています。

 では、今回の新型コロナウイルスの場合はどうなのでしょうか。

 中国広東省疾病管理予防センター(CDC)のLirong Zou氏は、広東州南部の珠海市で、18人の新型コロナウイルス感染確定患者(男性9人女性9人、26歳~76歳、中央値は59歳)の、鼻とのどから標本を採取しました。具体的には、鼻の奥から採取する鼻スワブと、のどの奥から採取する咽頭スワブを、患者1人当たり、それぞれ1本から最大9本まで、計72本採取しました。

 18人のうち14人は発症前に武漢を訪問しており、1月7日から1月26日までの期間に37.3度以上の発熱があったため、中国CDCが開発したPCR検査を受けて、新型コロナウイルスによる肺炎と診断されました。14人中13人はCT検査でも肺炎と診断されました。14人中3人がICUに入院しましたが、それ以外の患者は軽症から中等症にとどまりました。

 一方、18人中4人は、武漢訪問歴がある患者から感染した二次感染者で、うち3人は発症しましたが、1人は、症状が現れない状態を維持していました。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.