日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > ストレスチェックの前に確認すべき5つのポイント
印刷

トピックス

ストレスチェックの前に確認すべき5つのポイント

実施目前! 社員はストレスチェックとどう付き合うべき?

 田村知子=フリーランスエディター

実施が義務化された「ストレスチェック」。受ける前にどのようなことを気にしておけばよいのでしょうか。(©THEERAVAT BOONNUANG-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 2015年12月1日、従業員50人以上の事業所に対して、労働安全衛生法に基づく「ストレスチェック制度」が施行された。ストレスチェックは仕事によるストレスの状態を把握して、メンタルヘルスの不調を予防するためのものだ。基本的には、厚生労働省が推奨する「職業性ストレス簡易調査票」など、会社側が選定した調査票に対象の社員が記入し、産業医などが集計、解析をして、ストレスの状態を評価する。

 これにより、事業者(企業の人事部や総務部など)や実施者(産業医や産業保健師、委託される外部機関など)は対応を進めているが、ストレスチェックの対象者となるビジネスパーソンにはどのような心構えが必要だろうか。

 職場のメンタルヘルス対策などを専門とするライフバランスマネジメント研究所代表で、帝京平成大学現代ライフ学部教授の渡部卓さんに話を聞いた。

業務によるメンタルヘルス不調の社員を見つけ出す

 「今回の改正労働安全衛生法に基づく『ストレスチェック制度』は実によく検討されたもので、運用次第で有効に機能することが期待できます。実際、10年ほど前からストレスチェックを実施し、その結果を組織分析や研修プログラムなどに活用してきた企業では、メンタルヘルスに不調を来す社員が減る、セルフケアへの意識が高まるなど大きな成果が得られています」(渡部さん)。

 一方、渡部さんは「ただし現状では、厚労省が指針や運用方法などをすべて公表していても、事業者や実施者の体制が整うには時間がかかり、試行錯誤することが予想できます」とも話す。「そんな中で、対象者となる社員は、(1)事業者(雇用主)がメンタルヘルスに対する理解を深めているか、(2)産業医などの実施者が意欲的か、(3)安全委員会(*)や衛生委員会(*)が有機的に活動しているか、(4)労働組合がメンタルヘルス対策を重点課題と捉えているか―など、会社の管理体制に目を向けておくこと。そして、(5)自分自身もストレスチェックについて理解しておくことが大切でしょう」。

*労働安全衛生法に基づき、一定の基準に該当する事業場では「安全委員会」「衛生委員会」もしくは両委員会を統合した「安全衛生委員会」を設置しなければならないこととなっている。

ストレスチェックを受けるに当たり、まずチェックしたいこと
  • ●雇用主について
    • (1)事業者(雇用主)がメンタルヘルスに対する理解を深めているか
    • (2)産業医などの実施者が意欲的か
    • (3)安全委員会や衛生委員会が有機的に活動しているか
    • (4)労働組合がメンタルヘルス対策を重点課題と捉えているか
  • ●自分自身について
    • (5)ストレスチェックについて十分理解しているか

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.