日経グッデイ

トピックス

作り笑いでもOK!笑いの力で免疫力アップ

がんや生活習慣病の予防にも!あなどれない「笑いの健康効果」

 西門和美=フリーランスライター

「笑う門には福来る」とは、よく知られる故事だ。根拠のない精神論だと考える人も多いが、近年、この故事を裏づけるような研究結果が続々と発表されている。笑いには、免疫力を高めたり認知症リスクを軽減したりする効果があるということが実証され始めたのだ。笑いの効能について、岐阜薬科大学名誉教授である永井博弌さんに伺った。

笑っているだけで免疫力が高まり健康体に!?

「笑う門には福来る」、これは健康科学においても当てはまるようで…。
[画像のクリックで拡大表示]

 「笑わない人は損なんですよ! 今日は笑いましょう。ハッハッハー」と、自ら軽やかに笑ってみせるのは永井博弌さん。

 笑いは単に、楽しい感情をアウトプットする行為にとどまるものではない。永井さんによると、私たちの心身において笑いが作用する対象は大きく3つ。

 まず1つ目には、自律神経。笑いには自律神経を活性化する力があり、心身における活動モードと休息モードの切り替えをスムーズにさせる。

 さらに2つ目は、脳。脳内麻薬と呼ばれるドーパミンやエンドルフィンの分泌を促すほか、脳内の血流量を増加させる働きもあるという。

 そして3つ目が、免疫力。笑いには、免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化させる作用がある。これは、笑いによって分泌されるエンドルフィンの働きだと考えられている。

 NK細胞は体内をパトロールして、ウイルス感染や細胞の悪性化が起こっていないかを探るほか、異常が発生した際には最前線で防衛部隊として働くという重要な役割を担う。「ただし、非常にナイーブな性質をしており、ストレスや加齢などによるパワーダウンは避けられない。そこで、弱体化したNK細胞を活性化させ、十分な免疫力を発揮するために有効なのが、笑いの力なのです」(永井さん)。

 こうした効能を証明する調査結果は、すでに多数発表されている。

 たとえば、20~62歳のがん患者を含む男女19名に約3時間にわたって漫才や喜劇を鑑賞し、大いに笑う体験をしてもらう。その前後のNK細胞活性率を調べたところ、もともとの活性率が低かった人は上昇し、高すぎた人に関しては低下するという結果が見られた。つまり、笑いの後には総じて、NK細胞の活性率が正常に近づくような調整作用が起こったというわけだ。(※1)

※1 NK活性の上昇
1.伊丹仁朗:笑いの免疫能、心身医学、34、566-571、1994
2.伊丹仁朗:「笑いの健康学――笑いが免疫力を高める」(三省堂)1999
3.昇 幹夫(元気で長生き研究所・所長):「笑いの免疫機能・ストレスへの作用について」Aging & Health, 1, 16-19, 2014

 このほか、免疫異常を正常化する作用も見られる。落語鑑賞をする前後で関節の炎症を悪化させるインターロイキン6と呼ばれる免疫成分の数値を測定。すると、健康な人の数値はほとんど変化しなかったのに対し、インターロイキン6の値がもともと高かった関節リウマチ患者については数値が大幅にダウンした。(※2)

 また、コメディー映画を観て笑った後には、免疫の正常化によりアレルギー反応が減少したというデータもある。8名のアトピー性皮膚炎の患者をコメディー映画を観てもらうグループと天気予報を観てもらうグループに分け、その前後で皮膚に塗ったアレルギー原因物質によるアレルギー性紅班反応の強さを観察した。その結果、コメディー映画を見たグループは天気予報を見たグループに比べて、明らかにアレルギー反応による皮膚反応が減少していた、というものだ(※3)。

認知症予防や血糖値抑制にも笑いが効く!

 さらに、笑いによって認知症の予防効果も期待できると永井さんは言う。大阪府Y市で2007年度循環器健診を受診した65歳以上の男女985名を対象に認知機能を調査し、笑いの頻度との関係をみた研究がある。それによると全体の26%に認知機能の低下が見られ、笑う機会の「ほとんどない」人は「ほぼ毎日笑う」人に比べて男性で2.11倍、女性で2.60倍認知機能低下症状を持つリスクが高かったという(※4)。

 ただし上記の調査では、認知機能の低下により笑いの頻度が少なくなったのか、笑いの頻度が少ないことが認知機能の低下を招くのかが明らかでなかったため、上記調査で認知機能の低下が見られなかった738名に1年後に同じテストを実施。その結果、笑う機会が「ほとんどない」人は「ほぼ毎日笑う」人の3.61倍認知機能が低下するリスクが上昇していた(※4)。

 

 こうした結果を裏づけるように、笑いによる脳の血流量増加も実証されている。リハビリテーションを兼ねて開催された「病院寄席」を観た22名の脳疾患患者を対象に、笑いの脳血流に対する影響を調べたところ、落語が面白くて笑った人は血流量が増え、面白くないと感じ笑わなかった人は、血流量は増えなかった。「笑いは、認知症の要因のひとつとして挙げられる脳の血流量減少にも歯止めをかけてくれる」と永井さんは言う(※5)。

※2 インターロイキン6低下
1.吉野槇一:笑いの治癒力―脳内リセット理論に基づいて、臨床精神医学、32、953-957、2003
2.吉野槇一、中村 洋、判冶直人、黄田道信:関節リュウマチ患者に対する愉しい笑いの影響、心身医学、36、559-564、1996
3.吉野槇一:脳内リセット・笑いと涙が人生を変える(主婦の友社)2003

※3 アレルギー皮膚炎
1.木俣肇:アトピー性皮膚炎における笑いの効果、ストレスと臨床、10、33-37、2001
2. Kimata H, : Effect of humor on allergen-induced wheal reaction , JAMA, 285, 738, 2001

※ 4認知症
1.大平哲也:笑って認知症を予防できるか、Aging & Health, 1, 20-23, 2014
2.大平哲也 ほか:笑い・ユーモア療法による認知症の予防と改善、老年精神医学、22、32―38, 2011
3.大平哲也:認知症予防を目的とした笑いの効果についての実践的研究、日本生命財団研究報告書 (2009)
4.大平哲也:不安・緊張に対する笑いの効果についての研究・森田医学の予防医学への応用に関する検討、メンタルヘルス岡本財団研究助成報告書、15,19-22、2004

※5 脳血流量増加
1.中島英雄 「笑いの処方箋」(法研) 1997
2.中島英雄 「病気が治る;病院のおかしな話」(リヨン社)2001

 そのほか、笑いには血糖値の上昇を防ぐという嬉しい効果もある。

 糖尿病患者19名を対象とした調査では、一定の食事をとった後に難しい講義を受けた場合と、漫才を見て笑った場合の血糖値を比較。講義後には平均して123㎎/dLの上昇が確認できたが、漫才後については平均77㎎/dLの上昇にとどまった。これは、笑いによって細胞の活性を促す遺伝子にスイッチが入り、血糖値の上昇が抑えられたためではないかと考えられている(※6)。

 こうした笑いの効果は、すでに医療の現場でも応用されている。永井さんが例として教えてくれたのは、米国の映画『パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー』の主人公のモデルとなった、ハンター・キャンベル・アダムス医師の活動である。

 彼は、笑いを病院に届けるピエロ「ホスピタルクラウン」として、入院生活を送る子供たちに向けてパフォーマンスを行う。ユーモラスなピエロがもたらす笑いの力により、闘病中のストレスを緩和するとともに、免疫力を高めるのがその狙いだ。

作り笑いでも、愛想笑いでも、効果アリ

 映画の中で医師は「表情が感情を生み出すことがあります。つまり、作り笑いでも愛想笑いでも情報は脳の中枢を刺激して、楽しいという感情がわいてくるのです」と説明している。

 つまり「心の底から笑おう」と意気込まなくても良いということであり、興味深いことだ。

 「ためしに、口角をギュッと引き上げてみてくだい。笑顔が形づくられれば、自然と楽しい感情が湧いてきて次第に本物の笑いになっていきます。すると、心身にあらゆる健康効果がもたらされ、生活習慣病をはじめとするあらゆる病にアプローチしてくれるんです」(永井さん)。

 まさに「笑う門には福来る」というわけだ。健康な心身で長生きすることを願うなら、まずはとにかく口角を上げてみよう。

※6 血糖値
1.村上和雄 「笑う!遺伝子:笑って健康遺伝子スイッチON」(一二三書房)2004
2. Hayashi K,et al ; Laghter lowered the increase in postprandial blood glucose, Diabetes Care, 26, 1651-1652, 2003
永井博弌
岐阜薬科大学名誉教授、岐阜保健短期大学教授兼学長
永井博弌 免疫薬理学や免疫疾患(アレルギー・自己免疫)などをテーマに研究を行う。著書に『もうアレルギーに苦しまない~発症のしくみ・予防の治療法』(日本薬学会)など。
日経グッデイ春割キャンペーン