日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 趣味のない人は生活習慣病になりやすい!?~“多接”のススメ~
印刷

トピックス

趣味のない人は生活習慣病になりやすい!?~“多接”のススメ~

多くの人やモノとのつながりが「ストレス軽減→生活習慣病予防」につながる

 西門和美=フリーランスライター

飲み会やサークルなどの場で人と関わったり、趣味や娯楽を堪能したり…。何気なく思えるこれらの行動は、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病予防のために推奨される要素のひとつ“多接”に当たるという。近年ますます罹患率が高まる生活習慣病。その対策として有効な“多接”について、日本生活習慣病予防協会理事長・池田義雄さんにお話を聞いた。

なぜ生活習慣病の予防に“多接”が有効なのか

 生活習慣病予防の心得として提唱される“一無、二少、三多”。日本生活習慣病予防協会理事長・池田義雄さんによって掲げられたこの標語が推奨するのは、下記のような心がけに基づくライフスタイルだ。

一無…無煙(禁煙する)
二少…少食(バランスの良い食事を腹七~八分目まで摂る)
   少酒(日本酒換算で1合程度を限度にする)
三多…多動(十分な運動をする。1日1万歩以上の歩行など)
   多休(十分な休養をとる。良質な睡眠を十分に確保するなど)
   多接(多くの人・物・事に積極的に接する)

 現在、特定健康診査(メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病のリスクを検査する)時に行われる「生活習慣に関する問診項目」には、上記のうち多接を除く“一無、二少、二多”をクリアできているか否かを測る項目が設けられている。

≪特定健康診査時に行われる「生活習慣に関する問診項目」の一部≫
・現在、たばこを吸っていますか(無煙、の反対)
・人と比べて食べるのが速いですか(少食)
・就寝前の2時間で夕食をとることが、週に3回以上ありますか(少食)
・夕食後に夜食をとることが、週に3回以上ありますか(少食)
・朝食を抜くことが週に3回以上ありますか(少食)
・お酒を飲む頻度は「毎日・時々・ほとんど飲まない」
 のうちどれですか(少酒)
・飲酒日1日あたりの飲酒量は、平均して
 「1合未満・1~2合・2~3合・3合以上」のうちどれですか(少酒)
・1日1時間以上、歩行またはそれと同等の身体活動を
 していますか(多動)
・同年代の同性と比較して、歩く速度が速いですか(多動)
・軽い汗をかく程度の30分以上の運動を、週2回以上の頻度で
 1年以上実施していますか(多動)
・睡眠によって十分な休養がとれていますか(多休)
・この1年間で3キロ以上の体重の増減がありましたか
・20歳のときと比較して体重が10キロ以上増加していますか

 など

 しかし、この問診項目ではうかがい知ることが難しい“多接”が、じつは生活習慣病予防に大きな効果をもたらすという。

“多接”によって可能になるのは、メンタルストレスの予防と緩和。生活習慣病が発症し、重大な疾病へと発展しないようその進行を食い止めるためにも、肉体だけでなくメンタルへのアプローチが重要です」(池田さん)

 ではなぜ、生活習慣病対策にメンタルケアが効果的なのか。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.