日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 趣味のない人は生活習慣病になりやすい!?~“多接”のススメ~
印刷

トピックス

趣味のない人は生活習慣病になりやすい!?~“多接”のススメ~

多くの人やモノとのつながりが「ストレス軽減→生活習慣病予防」につながる

 西門和美=フリーランスライター

飲み会やサークルなどの場で人と関わったり、趣味や娯楽を堪能したり…。何気なく思えるこれらの行動は、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病予防のために推奨される要素のひとつ“多接”に当たるという。近年ますます罹患率が高まる生活習慣病。その対策として有効な“多接”について、日本生活習慣病予防協会理事長・池田義雄さんにお話を聞いた。

なぜ生活習慣病の予防に“多接”が有効なのか

 生活習慣病予防の心得として提唱される“一無、二少、三多”。日本生活習慣病予防協会理事長・池田義雄さんによって掲げられたこの標語が推奨するのは、下記のような心がけに基づくライフスタイルだ。

一無…無煙(禁煙する)
二少…少食(バランスの良い食事を腹七~八分目まで摂る)
   少酒(日本酒換算で1合程度を限度にする)
三多…多動(十分な運動をする。1日1万歩以上の歩行など)
   多休(十分な休養をとる。良質な睡眠を十分に確保するなど)
   多接(多くの人・物・事に積極的に接する)

 現在、特定健康診査(メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病のリスクを検査する)時に行われる「生活習慣に関する問診項目」には、上記のうち多接を除く“一無、二少、二多”をクリアできているか否かを測る項目が設けられている。

≪特定健康診査時に行われる「生活習慣に関する問診項目」の一部≫
・現在、たばこを吸っていますか(無煙、の反対)
・人と比べて食べるのが速いですか(少食)
・就寝前の2時間で夕食をとることが、週に3回以上ありますか(少食)
・夕食後に夜食をとることが、週に3回以上ありますか(少食)
・朝食を抜くことが週に3回以上ありますか(少食)
・お酒を飲む頻度は「毎日・時々・ほとんど飲まない」
 のうちどれですか(少酒)
・飲酒日1日あたりの飲酒量は、平均して
 「1合未満・1~2合・2~3合・3合以上」のうちどれですか(少酒)
・1日1時間以上、歩行またはそれと同等の身体活動を
 していますか(多動)
・同年代の同性と比較して、歩く速度が速いですか(多動)
・軽い汗をかく程度の30分以上の運動を、週2回以上の頻度で
 1年以上実施していますか(多動)
・睡眠によって十分な休養がとれていますか(多休)
・この1年間で3キロ以上の体重の増減がありましたか
・20歳のときと比較して体重が10キロ以上増加していますか

 など

 しかし、この問診項目ではうかがい知ることが難しい“多接”が、じつは生活習慣病予防に大きな効果をもたらすという。

“多接”によって可能になるのは、メンタルストレスの予防と緩和。生活習慣病が発症し、重大な疾病へと発展しないようその進行を食い止めるためにも、肉体だけでなくメンタルへのアプローチが重要です」(池田さん)

 ではなぜ、生活習慣病対策にメンタルケアが効果的なのか。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.