日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 新型コロナ予防 咳やくしゃみを手で押さえるのはNG
印刷

トピックス

新型コロナ予防 咳やくしゃみを手で押さえるのはNG

体に染み込ませて徹底して行おう

 伊藤和弘=ライター

2020年の年明けから、新型コロナウイルスに関する報道が途切れることなく続いている。この非常事態を受け、日本感染症学会・日本環境感染学会は2月7日に新型コロナウイルスに関する医療従事者向けの緊急セミナーを、2月13日にメディア・市民向けのセミナーを開催した。そこでの東京医療保健大学大学院医療保健学研究科教授の菅原えりささんによる話を基に、一般の人が自分自身や高齢者などの身近なハイリスク者を守るためにすべきことを紹介する。

咳エチケットを知らない人はいないだろうが、とっさの時にちゃんとできるだろうか。写真=(c)twinsterphoto-123RF

正しい「咳エチケット」を知っていますか?

 新型コロナウイルスの感染経路についてはまだ分からないこともあるが、現在考えられているのは、接触感染と飛沫感染だ。接触感染とは、ウイルスが付いた手で口や鼻を触るなどして感染すること。飛沫感染とは、感染者の咳(せき)やくしゃみの飛沫の中にウイルスが含まれていて、それを介して感染することだ。

 「例えば、2人の人が向かい合って話をしている時に、一方が咳をするとウイルスを含んだ飛沫が飛び、1~2メートル以内の近距離だと相手の口元や洋服、手などに付く可能性があります。そのため、咳の症状がある人や、そういう人と近距離で話す人はマスクをすることが飛沫感染対策になります。また、ウイルスは洋服やテーブルなどの表面に付いたりもします。新型コロナウイルスの場合、ウイルスどのくらいの時間感染力を保つかは分かっていませんが、世界保健機関(WHO)は数時間とも言っており、ある程度の時間は継続する可能性を考えると、そうしたウイルスが手を介して口や鼻に入る接触感染の対策も必要になるわけです」(菅原さん)

 具体的には、通常の風邪やインフルエンザと同じく、新型コロナウイルスについても、「咳エチケット」と「手指の衛生」が2大対策となる、と菅原さんは言う。「それについては毎日報道されて既に知っている方も多いでしょうが、繰り返し情報を入れて体の中に染み込ませていくことが大事です」

 咳エチケットは、前述した通り、「飛沫感染を防止するため、咳やくしゃみの症状がある人はマスクを着用する」、また、「手に付いたウイルスが広がっていく接触感染を防止するため、咳やくしゃみをする時に口や鼻に手を当てないようにする」といった考え方だ。「2002~03年に重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した後に、この言葉が米疾病対策センター(CDC)ガイドラインに加わりました」(菅原さん)

 ちなみに、咳やくしゃみが出そうになったが、マスクは着用していない、ハンカチやティッシュをかばんから取り出して口や鼻を覆う余裕もない、という時は、自分の腕や袖で口や鼻を覆うといい。腕や服が汚れるのでベストとは言えないが、他人に浴びせたり、いろいろな物に触れる手を汚したりするよりはましだ。

写真はイメージ=(c) kimberrywood-123RF,(c) Leung Cho Pan-123RF ,(c) Brenda Carson-123RF
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、頭では理解していても、とっさの時に適切な動きができるとは限らない。いざという時に正しい動きができるよう、日ごろから動きをイメージしておきたい。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.