日経グッデイ

トピックス

ヘルシーな鍋料理、1位は◯◯◯

ダイエット中に食べたい具材は「だいこん」や「こんにゃく」

 鈴木英子=ニューズフロント

 紀文食品が実施した「おでんに関する調査」(調査期間2015年12月2日~3日)の結果によると、おでんは女性にとってヘルシーな冬の代表的メニューに挙げられ、中でも30代での人気が高い。

 全国の20~40代の女性400人に、ヘルシーだと思う鍋料理・冬の定番料理を聞いたところ、「おでん」(64.0%)が1位、「豆乳鍋」(63.0%)が僅差で2位となった。次いで「しゃぶしゃぶ」(53.0%)、「キムチ鍋」(33.5%)、「ちゃんこ鍋」(26.8%)が続いた(図1)。

図1◎ ヘルシーだと思う鍋料理・冬の定番料理は
[画像のクリックで拡大表示]

 年代別で見ると、「おでん」との回答は30代(71.0%)が目立って多い。また、20代と30代は「おでん」を1位に挙げたが、40代は「豆乳鍋」(63.7%)が最も多く「おでん」(58.2%)を上回った。

ダイエット中に食べたい種ものは「だいこん」「こんにゃく」

 ダイエット中におでんを食べるとして、積極的に食べたいと思う種ものを聞くと、1位の「だいこん」(76.8%)と2位の「こんにゃく」(73.5%)はいずれも7割以上の支持を得た。次いで「しらたき」(48.0%)、「昆布」(34.5%)、「卵」(29.8%)、「はんぺん」(29.3%)が続いた(図2)。

図2◎ ダイエット中におでんを食べるとして、積極的に食べたい種ものは
[画像のクリックで拡大表示]

練り物のイメージ「食べやすい」が最多

 練り物に対してどのようなイメージを持っているか聞いてみると、「食べやすい」(60.3%)との意見が最も多かった。2位以下は「魚の栄養素が摂れる」(42.3%)、「魚のタンパク質が摂れる」(36.3%)、「栄養のバランスが良い」(19.5%)となり、栄養面のイメージが上位に並んだ(図3)。

図3◎ 練り物にどのようなイメージを持っているか
[画像のクリックで拡大表示]

 どのような食感の練り物を食べたいと思うか聞いたところ、「やわらかい」(59.8%)、「噛みやすい」(50.0%)がトップ2を占め、やわらかい食感の練り物が好まれることが分かった(図4)。

図4◎ 食べたいと思う練り物の食感は
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に、おでんにまつわるエピソードを尋ねると、「関西人と結婚したのでおでんのだしが変わった」(43歳・東京都)、「母の味が大好きだが、いまだにまねできない」(31歳・兵庫県)、「わが家では必ず手羽先が入っていた」(40歳・宮城県)といった自由回答が寄せられた。