日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > インフルエンザの陰で増える溶連菌性咽頭炎に注意!  > 2ページ目
印刷

トピックス

インフルエンザの陰で増える溶連菌性咽頭炎に注意!

年明け後、急激に増加中

 高橋義彦=医学ライター

合併症を予防するため、抗菌薬は指示通り飲みきる

 診断は、綿棒で咽頭を擦り、診断キットを使って判定する。医療機関の外来で、15分くらいで結果が出る。咽頭炎と診断されたら、ペニシリン系の抗菌薬を内服する。通常は3~5日以内に解熱し、1週間以内に他の症状も消失する。

 ただし、まれにリウマチ熱、急性腎炎などの合併症が起きることがある。合併症を予防するために、処方された抗菌薬は途中で止めたりせず、医師の指示通り飲みきることが重要だ。

 接触感染(菌がついた手で口や鼻に触れる)、または飛沫感染(くしゃみや咳のしぶきに含まれる菌を吸い込む)でうつるため、予防策としては手洗い、家族内でタオルを共有しない、うがいなどが有効だ。

溶連菌が劇症型感染症を起こすことも

 なお、溶連菌性咽頭炎と直接関係しているかは明らかではないが、溶連菌によって起こる劇症型の感染症(劇症型溶血性レンサ球菌感染症)の存在も知られている。患者数は非常に少ないが、きわめて重い病気だ。肝臓、腎臓、肺、脳など、全身のさまざまな臓器が短期間に侵され、特に手足の壊死が急速に進む。死亡率は30%と高く、大半が発症3日以内に亡くなる。「人食いバクテリア」と呼ばれることもあるゆえんだ。

 患者は30歳以上、特に高齢者に多い。初期症状は手足の痛み・腫れ、発熱、血圧低下など。約2割の患者はインフルエンザに似た症状で発症する。問題はどんな場合に、あるいはどんな人が劇症化するのかだが、未だ十分解明されていない。したがって、劇症化の予防策も確立されていない。発熱とともに四肢の痛み・腫れがみられたら、速やかに医師の診察を受けるべきだろう。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.