日経グッデイ

トピックス

猛威をふるうジカ熱、日本での流行の危険性は?

感染しても8割が無症状、気付かぬうちに国内に持ち込まれる恐れ

 塚越小枝子=フリーライター

中南米を中心に、蚊が媒介するジカウイルス感染症(ジカ熱)の流行が広がっている。ブラジルではジカウイルス感染症との関連が疑われる小頭症の子どもが多数生まれ、2016年2月1日、WHO(世界保健機関)は小頭症およびその他の神経障害の集団発生に関して緊急事態宣言を発表した。これを受けて国立国際医療研究センターと国立感染症研究所が2016年2月9日に共催した報道関係者向けセミナーより、知っておきたい日本の現状と対策についてまとめた。

ジカウイルスってどんなウイルス?

日本に広く生息するヒトスジシマカ(ヤブカ)がジカウイルスを運ぶ。(©Mr.Smith Chetanachan-123rf)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジカウイルスは、フラビウイルス科フラビウイルス属に属する病原体。1947年にアフリカ・ウガンダのジカ森で見つかった。

 同じフラビウイルス属にはデングウイルス、日本脳炎ウイルス、ウエストナイルウイルス、黄熱ウイルスなどがある。

ジカウイルスの感染経路は?

 主にネッタイシマカヒトスジシマカ(ヤブカ)が媒介する。ヒトスジシマカは日本にも生息する。ジカウイルスを持った蚊に刺されることで感染する。ほかに、母体から胎児への感染も複数報告されている。輸血や性行為による感染が疑われる事例も報告されているが、関連はまだ明らかになっていない。

ジカウイルスに感染するとどうなるの?

 感染すると2~12日(多くは2~7日)の潜伏期間の後に発熱する(多くは38.5℃以下、発熱がないこともある)。また、全身の皮疹、結膜充血が特徴的。関節痛、頭痛、目の奥の痛み、筋肉の痛み、関節の腫れ、血小板減少などを伴うこともある。大半は重症化することなく、数日程度で回復する。感染者のうち発症するのは約2割で、不顕性感染(感染しても症状が出ないもの)が約8割

ジカ熱とデング熱の見分け方は?

 両者は原因ウイルス自体は違うが、発熱などの症状が似ており、デング熱の流行地域の多くでジカ熱も流行しているため、混同される例もあると見られる。臨床症状としては、デング熱が高熱で熱が下がってくるころに皮疹が出るのに比べて、ジカ熱は発熱の程度が低く、早期から全身に盛り上がった皮疹が出ることが多いという。

ジカウイルス感染症の問題点は?

 ジカウイルス感染症の大半は重症化することなく、数日程度で回復する。問題は、感染した妊婦から頭が小さい「小頭症」の子どもが相次いで生まれていることだ。小頭症の子どもには脳の萎縮や石灰化などが見られ、知的障害や視力・聴力障害などを伴う場合がある。

 ブラジルでは2015年10月から小頭症が急増し、2016年1月30日までの間に4783人の小頭症が疑われる胎児または新生児の報告があった。胎児が小頭症と確認された妊婦の羊水、出産後まもなく死亡した小頭症の新生児の血液および組織から、ジカウイルス遺伝子が検出されたという報告もある。

 また、ジカウイルス感染症の患者の中には、手足の麻痺などの神経障害が現れる「ギラン・バレー症候群」を発症したケースもある。小頭症も神経合併症も、ジカウイルス感染症との関連がかなり強く疑われているが、現在調査中だという。

ジカウイルスは日本にも入ってくる?

感染しても無症状の人が8割。気付かないうちに海外からウイルスを持ちこむ恐れが。(©PaylessImages-123rf)

 日本でも過去に3例のジカウイルス感染症の症例が報告されている。いずれも海外(仏領ポリネシアのボラボラ島2例、タイのサムイ島1例)に渡航した人が蚊に刺されて帰国後に発症した輸入感染例で、3例とも後遺症なく回復した。

 現在のジカウイルス感染症の流行地域の中心は中南米・カリブ海地域。今後も発生が予測され、日本人渡航者の多いアジアや南太平洋地域への流行拡大も懸念される。特に2016年8月~9月にブラジルのリオデジャネイロでオリンピック・パラリンピックが開催され、多くの日本人が渡航することが予想される。感染しても約8割が無症状であるため、感染者自身も気付かない間に日本にウイルスが持ち込まれる可能性は十分に考えられる

ジカウイルス感染症が日本で流行する可能性は?

 日本に生息するヒトスジシマカが媒介蚊となり得ることと、感染しても約8割が無症状であることから、2014年のデング熱の流行と同じように、輸入例を発端として国内でジカウイルス感染症が流行する可能性は否定できない。海外で蚊に刺されて知らない間に感染した後に帰国した人を、日本に生息する蚊が刺してジカウイルスを獲得し、その蚊がまた別の人を刺せば、日本に住む人にも感染が広がることになる。

 まだ明確にはわかっていないが、蚊が媒介する感染経路だけでなく、輸血や性交渉による感染が疑われる報告もあり、そうしたことから感染が広がる可能性も懸念される。

ワクチンや特効薬はあるの?

 現状では、発症を防ぐワクチンや特効薬はない。国立感染症研究所は、世界に先駆けてジカウイルスブラジル株と同じ性状のクローンを作り出すことに成功。将来的にワクチンを作製する際の足掛かりにもなり得るとしている。各国の製薬企業はワクチンの研究開発に動き出している。

ジカウイルス感染症の予防対策は?

 流行地域で蚊に刺されないことが第一。次のような防蚊対策を徹底しよう。

  • 肌の露出が少ない服を着る(長袖・長ズボン・帽子)
  • ペルメトリン(蚊が嫌う成分)を含む服も有効
  • DEET含有の防虫剤を使用する(DEET20%以上が望ましいが、日本には最大12%のものしかなく、2時間ごとに塗り直すことがすすめられる)
  • 閉め切った部屋、エアコンの効いた部屋で寝る
  • 蚊帳を使用する

今、どんなことに気をつければいいの?

 日本でのジカウイルス感染症の流行を防ぐには、渡航先で知らない間に感染し、無症状で帰国する人がいることを前提に、感染を拡大させない対策が重要だ。

 

 日本では、ジカウイルス感染症は2月5日に感染症法上の4類感染症・検疫法施行令上の検疫感染症に指定された。感染者を診察した医師は保健所への報告が義務づけられている。また、自治体レベルでは、デング熱の対策と同様、ヒトスジシマカが生息する場所に防虫剤を散布するなどして、蚊の量を減らすコントロールも重要だろう。個人レベルでは、以下のようなことに気をつけよう。

  • 妊婦や妊娠の可能性のある人は流行国への渡航を控える
  • 渡航中だけでなく、帰国後も約10日間は蚊に刺されないよう、防蚊対策を徹底する
  • 帰国後、発熱や皮疹が見られたらすぐに医療機関を受診し、海外渡航後である旨を伝える
  • 帰国後、4週間は献血しない

■関連記事
リオ五輪後の日本が危ない! ジカ熱が中南米で急増

訂正
2ページ目第4段落で、日本で過去に報告されたジカウイルス感染症の輸入症例3例の渡航先の記述が間違っていたため、正しい記述に訂正しました。[2016/2/19]