日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 「二重マスク」と「ひも結びマスク」はコロナ感染予防効果を高める
印刷

トピックス

「二重マスク」と「ひも結びマスク」はコロナ感染予防効果を高める

顔への密着度を高めることによりフィルター効果が向上、米CDC

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 新型コロナウイルスの感染予防策としてすっかり定着したマスクの着用ですが、最近、マスクを二重に装着している人をたびたび見かけるようになりました。おそらく、肌荒れ防止や、感染予防効果の増強を期待してのマスク二枚重ねだと考えられますが、二重にするとマスクの感染予防効果は高まるのでしょうか?

マスクを二重に装着すると、感染予防効果は高まるのでしょうか?

 米疾病管理予防センター(CDC)がこのほど行った模擬実験で、医療用マスクの上に布マスクを重ねる「二重マスク」法と、医療用マスクに簡単な工夫を加えて頬部分の密着度を高める「ひも結びマスク」法には、飛沫などの捕獲率を高め、感染者からの排出と非感染者の吸入をさらに減らす効果があることが分かりました。論文は、2021年2月10日付のCDC Morbidity and Mortality Weekly Reportに公開されています(*1)。

顔への密着度を高めれば、マスクの効果は向上する

 米国でも、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するために、症状の有無にかかわらず皆がマスクを着用すること(ユニバーサルマスキング)が推奨されています。感染している人が布マスクや医療用マスクを着用すると、周囲の人に感染させるリスクは低下し、感染していない人が着用すれば自身が感染するリスクが低下することが示されています。

 一般の人が広く利用している布マスク(天然繊維または合成繊維からできており、医療従事者の使用には適していないもの)や医療用マスク(今回の実験においては、米食品医薬品局の承認を受けているもの、いわゆる不織布製のサージカルマスク)は、感染防御機能が最も高いN95マスクに比べるとフィッティングが緩く、隙間からの漏れが気になります。顔の輪郭に合うように密着度を高めれば、布マスクや医療用マスクの効果は向上する可能性があります。

 これまでに行われた研究は、布マスクや医療用マスクの上からマスクフィッターで押さえる方法や、薄いナイロン製のネックゲイター(バフ)でマスクをカバーする方法が、感染予防効果を高めることを示していました。さらに先頃、専門家が、医療用マスクが本来の効果を十分に発揮できるようにするために、二重マスク法を推奨しました。実際に、医療用マスクとさまざまな布マスクを組み合わせて、フィルター効果を調べた実験では、医療用マスクの上に布マスクを組み合わせると、非感染者が飛沫などを吸い込む量を90%以上減らせる可能性が示されていました。

 CDCが今回有効性を検討したのは、(1)医療用マスクの上に布マスクを着用する二重マスク法と、(2)密着度を高める「ひも結びマスク」法です。

「ひも結びマスク」の装着法とは?

 「ひも結びマスク」の装着イメージは、今回の論文のFigure.1に掲載された写真Cをご覧ください。まず、内側を中にしてマスクを横半分に折り、両方のひもを、できるだけ付け根に近い位置で二重止め結びにします。その後、マスクの内面中央部を押し開いて立体的な形状(オムレツのような形)にします。頬に当たる部分の隙間を極力小さくするために、マスクの左右の端のひもの間の不織布を深く押し込み、表面に残った布を、上端は下向きに、下端は上向きに倒して重ね、平らにします。装着の際は、まずワイヤー部分が鼻の形にフィットするように整え、片方の手の指で押さえたまま、マスクの下部を広げて顎を覆います。左右の端の中央部分が頬に密着していることを確認します(マスクは大きめで、ひもは長めのほうが扱いやすいようです)。

 カナダの歯科医であるOlivia Cuid氏が、Tik Tok(ティックトック)上の動画でひも結びマスクの装着法を大変分かりやすく実演しており、参考になります。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.