日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > “他人任せの筋トレ”はパフォーマンスを下げる  > 3ページ目
印刷

トピックス

“他人任せの筋トレ”はパフォーマンスを下げる

青学選手の進化を支えたセルフ・コンディショニング

 松尾直俊=フィットネスライター

体幹の能力を引き出す、練習前のストレッチ

 下りやアップダウンが続くコースでも美しいフォームを保ち、安定した走りで独走状態を築いた青学選手。その秘密は、何と言ってもインナーユニットの筋肉を使った体幹力の強さと、ゴール手前でアウターユニットの筋肉を使った粘りの走り。今回は、そんな体幹の能力を引き出すために練習やレース前に行う「動的ストレッチ」を紹介しておこう。

体側伸ばし1
(1)つま先を外側に向けて、左右に大きく足を開いて両手を後頭部で組む。胸を開いて背中を伸ばし、腰を少し反らせるようにする。(2)(3)口から息を吐きながら、肘を膝に近づけるイメージで上半身を横に倒していく。十分に体側が伸びたのを感じたら、鼻から息を吸いながら元の位置に戻す。反対側も同じようにして、20回繰り返す。
 骨盤から下は動かさない。膝が内側に入ったり、背中が丸まって上半身をひねったりしないように。
[画像のクリックで拡大表示]
体側伸ばし2
(1)足を大きく左右に開いてつま先を外側に向ける。両腕は手のひらを正面に向けて左右に大きく広げ、背筋をまっすぐに伸ばす。(2)(3)腕を左右に大きく広げたまま、上半身を横に倒す。その際、骨盤から下を動かさないようにして、息を口から吐きながら倒していく。指先が足首に届いたら、鼻から息を吸いながら上半身を戻す。反対側も同じようにして、20回繰り返す。
 指先だけで足首を触りに行ったり、猫背にならないように。指先が足首まで届かない人は、できる範囲で行う。
[画像のクリックで拡大表示]

 次回の記事「東京マラソンへの挑戦に向けて」に続きます。

中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん
フィジカルトレーナー/米国スポーツ医学会認定運動生理学士
中野ジェームズ修一(なかの ジェームズ しゅういち)さん 1971年生まれ。日本では数少ない肉体面と精神面の両方を指導できるトレーナー。卓球の福原愛選手など日本のトップアスリートだけでなく、高齢の方の運動指導も行う「パーソナルトレーナー」として活躍。日本各地での講演も精力的に行っている。近著に「青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ」(徳間書店)、「世界一やせる走り方」(サンマーク出版)など多数。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.