日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > “他人任せの筋トレ”はパフォーマンスを下げる  > 2ページ目
印刷

トピックス

“他人任せの筋トレ”はパフォーマンスを下げる

青学選手の進化を支えたセルフ・コンディショニング

 松尾直俊=フィットネスライター

競技特性や個々の体質に合ったトレーニングを実施

 「小野田は下りに強いのが特徴ですが、平たんな道でも安定して速く走れるようにならなければ、将来の活躍の場が限定されてしまう。今後は計画的に体幹のインナーもアウターも鍛えていくようにアドバイスしていく予定です」(中野さん)

 つまり原監督から提示されるトレーニングに加えて、効率的な筋トレも継続して筋力も強化していくと、もっといい選手になれるということを中野は言っているのだ。

 「ただ、やはり筋トレのやり過ぎもけがにつながるんです。競技の特性や選手個々の体質、走り方のクセ、それぞれによって鍛える筋肉が違ってきます。それに競技能力に必要がない筋肉をつけても無駄になるだけです。以前にも言いましたが、サッカーやラグビーのような競技では、相手との接触に耐えられるだけの強さも必要なので外側の筋肉も積極的に大きくしていかないといけません。しかし、長距離ランナーが同じことをすると体重が重くなり過ぎるし、筋肉自体のエネルギーロスも招いてしまいます」(中野さん)。

 単に筋肥大だけを狙った筋トレをやり過ぎると、マラソンのような長距離走にはあだとして出ることもあるのだ。

 中野の筋力トレーニングと同様に、原監督も全体練習とは別に選手の特性や体調に合わせた個別メニューを提示していた。また、選手たちも自分の調子によって別メニューにしたりする調整を行っていたのだという。

自分の体の状態を説明できない選手は診ない

選手たちが自分の体を知って、まず自分で調べてからトレーナーに相談するのが青学式のセルフ・コンディショニングだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 「もちろん青学の選手たちには、私たち(フィジカルトレーナー)から筋トレメニューは提供しています。それに加えて、マッサージ専門のスタッフもいるんです。ただ、私たちやマッサージスタッフに自分の体のことを依存し過ぎてしまうと、確実に競技パフォーマンスが落ちるんです」(中野さん)。

 つまり、トレーナーが一流であっても、アドバイスをうのみにするだけでは不十分ということだ。

 「これは原監督の方針でもあるんですが、選手たちが自分の体を知って、敏感になってから相談に来てもらわないといけない。どこが傷んでいるのかは、選手自身が一番良く分かっているはずですから。トレーニングや練習は、自分の調子、体の状態に合わせて調整していいんです。つまりセルフ・コンディショニングができないと、能力は伸びません。今ではセルフ・コンディショニングができていない選手は、私たちもマッサージスタッフも診ないということにしていますよ(笑)」(中野さん)

 「昔の指導者なら、『何で言った通りの練習をしないんだ』と言うところでしょうが、そのあたりが原監督のすごいところで、選手たちの考えや自主性を尊重しているんです。それと自分の調子のどこかが悪い時、すぐに私やうちのスタッフに聞きに行くのではなく、まずは自分で調べろとも。普通ならすぐにトレーナーのところに来てもらっていいんですが、原監督は選手が自分の体に敏感になるようにという考えなんです」(中野さん)

 すると選手たちは、どこかに痛みや張りを感じると自分でインターネットなどを駆使して調べ、「中野さん、こんな練習をしたら○○筋にこんな痛みを感じるんですが、これは○○という障害じゃないでしょうか」と聞きに来るようになった。専門家に100%依存するのではなく自ら探求し、自分の体の感覚を敏感に察知できるようになったことで、どれくらいの距離をどんなペースで行けば、ベストタイムが出るが分かるようにもなったという。

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.