日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > どれだけわかる?「チョコレート検定」に挑戦

トピックス

どれだけわかる?「チョコレート検定」に挑戦

チョコレートは“甘い魔物”から「健康的な食べ物」へ

 中西奈美=日経Gooday

 チョコレートは「虫歯になる」「カロリーが高く太りやすい」といった話を聞いたことがある人は、少なくないだろう。だが、チョコレートは誰をも虜にし、身体にも悪い魔物のような存在から、最近は「健康的な食べ物」として変遷を遂げている。

 「2006年ごろ、タレントの楠田枝里子さんがカカオ分の高いチョコレートを食べるといった“チョコレートダイエット”を紹介したあたりからチョコレートの健康への効果に注目が集まってきました」と話すのは、明治のマーケティング部、木原純さん。チョコレートに含まれるカカオポリフェノールの効用として、動脈硬化やアレルギー発症の予防など様々な可能性が期待されている上、近年、チョコレートが健康に与える影響についての研究が盛んになっている。

チョコレートをもっと楽しむための検定がスタート

チョコレート検定「公式テキスト」の編集に携わった明治のマーケティング部、木原純さん。

 2016年に創業100周年を迎える明治グループは今年9月に「チョコレート検定」を実施する。2009年から社員向けに行っていた「ショコラアドバイザー」という認定制度を、一般の人にも広く開放したものだ。

 1回目の試験は、2016年9月19日(祝)に東京と大阪で実施予定。検定は、原料や製法、種類、歴史、健康効果など、チョコレートに関する全般的な知識を問うもので、計100問の出題のうち70%以上の正解で合格となる。最高得点の人には、明治ミルクチョコレート1年分(50g×360枚)が贈られるという(詳細はこちら)。

 今回、日経Goodayのために、チョコレート検定で出題されるかもしれない問題の一部と、チョコレートに関する気になる疑問の答えを木原さんに教えてもらった。まずはさっそくクイズに挑戦してみよう。

  • ・チョコレート検定に挑戦する方は2ページへ
  • ・チョコレートと虫歯、鼻血などの関係について知りたい方は3ページへ

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.