日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 東京五輪では感染症リスクが高まる! 受けておきたいワクチンは?
印刷

トピックス

東京五輪では感染症リスクが高まる! 受けておきたいワクチンは?

マスギャザリングで注意すべき感染症

 田村知子=ライター

麻疹(はしか)や風疹のほか、急速な感染拡大が報じられている新型コロナウイルスなど、様々な感染症のリスクが高まっている。そんな中、日本感染症学会と日本環境感染学会は、今夏の東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)に向けて、感染症予防連携プロジェクト「FUSEGU 2020」を発足した。1月に行われた記者発表会における日本感染症学会理事長で東邦大学医学部微生物・感染症学講座教授の舘田一博さんによる講演「マスギャザリングで注意すべき感染症」の中から、一般市民が知っておきたい情報を紹介する。

オリンピックなど大勢の人が集まる機会は、感染症が広がるリスクも高まりやすい。写真はイメージ=(c) Aukasz Libuszewski-123RF

 「マスギャザリング」とは、スポーツイベントやコンサートなど、一定期間に限定された地域において、大勢の人が集まること。東京2020大会はまさに、国内外から多くの人が集結するマスギャザリングの機会だ。

 国際的なマスギャザリングでは特に、国内では流行していない感染症が海外から持ち込まれるリスクがある。また、感染症にかかった人が多くの人と接触し、気づかぬうちに感染を拡大させる危険性もある。

 過去のオリンピックでは、2010年のバンクーバー冬季オリンピックと2014年のソチ冬季オリンピックでは麻疹、2016年のリオデジャネイロオリンピックでは蚊が媒介するジカ熱の感染事例が報告されている。

 東京オリンピックには206の国や地域から約1万1090人の選手が、パラリンピックには182の国や地域から約4400人の選手が参加。各国の選手や関係者と濃厚に接触する可能性もある両大会のボランティア数は約8万人に上り、チケット販売数は1010万枚となる見込みだ(以上、1月時点の推計)。舘田さんは「日本中でキャンプが張られ、選手や関係者が滞在する。色々な感染症が散発的に、全国で発生するリスクがあると考えておく必要がある」と言う。

感染を防ぐ3つのポイント

 現在、中国から感染が拡大している新型コロナウイルスも、「マスギャザリングで問題となる感染症の一つと認識しておく必要がある」と、舘田さんは指摘。コロナウイルス自体は風邪の原因となるありふれたウイルスだが、変異するとSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)のように、死亡率の高い感染症を引き起こすことがある。「今回の新型コロナウイルスは、SARSコロナウイルスに近いことを考えると、変異の可能性も十分に認識しながら、決して油断することなく、かつパニックになるようなことがないように対応していかなければいけない」(舘田さん)。

 感染症を防ぐには、下記の3つのポイントがある。

1 ウイルスや細菌、真菌、寄生虫などの感染源を減らすこと
(病原体の消毒、患者の早期治療など)
2 感染源からヒトにうつらないように、それぞれの感染経路を遮断すること
(安全な水・食品、手指衛生、マスク装着など)
3 宿主(ヒト)の免疫を上げること
(ワクチンの接種など)

 新型コロナウイルスの場合は、ヒトからヒトへの感染が確認されており、その感染経路は主に、くしゃみやせきなどによる飛沫感染といわれる。ウイルスが付着した手や指を介して、鼻や口、目を触ることからも感染する。新型コロナウイルスに対するワクチンはまだ開発されていないため、感染防止には手指衛生やマスクの着用が有効となる。

 「病原体と感染経路が分かっていれば、それに対して適切な情報を提供することで、効果的な対策が取れる」と、舘田さんは話す。「感染症は医療従事者だけの問題ではない。学会や企業・団体と、メディア、一般市民がワンチームとなって向かっていくテーマ」だとも語り、「FUSEGU 2020」のプロジェクトとして一般市民に向けた啓発活動や情報提供を実施していく考えを示した。

 また、「FUSEGU 2020」では2020年3月に大学生を対象とした感染症カレッジや、4月には市民公開講座などを計画している。ウェブサイトなどでの情報発信も随時行われる予定で、それに先駆けて2019年7月には、日本感染症学会のホームページに「感染症クイック・リファレンス」を開設した。本サイトは主に医療従事者を対象としているが、誰でも閲覧することができる。国際的マスギャザリングに関連したワクチンの情報や、76の感染症の情報がコンパクトにまとめられているので、参考にするといいだろう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.