日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「日本うんこ学会」はムーブメントを起こせるか  > 2ページ
印刷

トピックス

「日本うんこ学会」はムーブメントを起こせるか

今“排便周り”がアツい!?

 増谷彩=日経メディカル

うんコレは、腸内細菌を擬人化して美少女キャラ化。普段はかわいらしいコスチュームを身に付けているが、悪玉菌化すると表情やコスチュームが邪悪な雰囲気に変化する。
[画像のクリックで拡大表示]

石井 ゲームの内容は、画面をタップして癌細胞をイメージして擬人化した敵キャラクターを倒していくカードバトルゲームを考えています。ゲームを起動するとその日の排便状況を聞かれて、それに回答するとガチャを引くことができます。ガチャでは敵キャラクターとの戦闘に有利になるアイテムを獲得することができるという仕組みです。さらに、「検便した」というときは、レアなアイテムが出るガチャを引くことができるようにしたりして、便に対する意識を高めてほしいと思っています。

 キャラについてですが、私自身は元々うんこをデフォルメしたキャラを考えていました。しかし、現在うんコレプロデューサーを務める前田地生氏に相談したところ、「もろうんこキャラはアプリやLINEスタンプの審査を通してもらえないかもしれない。そもそもユーザーもうんこのキャラを毎日見たいと思うだろうか」と指摘されました。まさにおっしゃる通り。そこで前田氏が提案してくれたのが、美少女キャラだったんです。

田口 審査は、私もちょっと苦労しました…。ウンログのキャラはうんこデフォルメキャラですから。アップルの審査を通すために、このキャラは「Japanese ghost(日本のお化け)」なのだと言い張りました。さらに、アプリ内ではうんことかうんちとか、そういう言葉を排除して、「大」とか「ウン」とかに置き換えています(笑)

 記録を継続してもらうための工夫としては、排便に関する悩みをつぶやけるSNS要素を取り入れたり、排尿記録など要望が多かった機能を新たに取り入れたりしています。まずは排便を記録する習慣を作って、細菌叢の検査とか検診とか、その先の行動につなげていきたいですね。

「Japanese ghost(日本のお化け)」?(まれに隠れキャラが出現する)

沢井 便って実際ほとんど腸内細菌ですからね。便に興味を持つようになったら次は細菌叢の検査もしよう、となるように、全てのハードルを少しずつ下げたいですね。

 2年くらい前にちょっと病気をして、入院と手術が必要になりました。そのとき、個人負担が少ない日本の医療制度の良さを改めて実感したんです。この医療制度を永続可能なものにするためには「予防」が重要で、さらに一歩踏み込んでこれらの行動が未来への「投資」と考える価値観を広めたいです。

 検査ってハードルが高いから、普通に会社が勧めても受けない。だからゲーム性を取り入れたりして、間口を広げることが重要ですよね。

石井 おもしろ半分で意識を変えていきたいですね。癌になって抗癌剤に高いお金を払う前に「投資」してほしいです。

 うんコレの発想の基にもなっている「艦隊これくしょん(艦これ)」というゲームは、艦隊を育成するシミュレーションゲームで、艦隊が擬人化されているんです。このゲームのファンは、ゲームを通じて艦隊そのものにも興味を持ち、いろいろ調べたりし始める。うんコレも、ゲームを通じて腸内細菌に親しみを持って調べてもらえたらいいなと思っています。

これからさらにやっていきたいこととか、追加したい機能などはありますか?

周囲を気にしながらも、排便や腸内細菌についてアツく語っていただいた3人。
[画像のクリックで拡大表示]

田口 ウンログは、アウトプットを見てインプットを意識するようになる「マインドフルアウトプット」を提唱しています。冒頭でお話したとおり、これまで全く気にしていなかった便に意識を向ければ、入り口の食生活改善などの行動変容につながると思います。これからは、食事内容を記録するアプリも強化していきたいと思っています。

 それから、ペットや赤ちゃんに特化したウンログを開発する準備をしています。言葉で意思疎通ができないペットや赤ちゃんは、体を触ったりうんちを見て体調管理をしてあげる必要があります。ここは、ウンログの価値が最大限に生かせるところだと思っています。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.