日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「日本うんこ学会」はムーブメントを起こせるか
印刷

トピックス

「日本うんこ学会」はムーブメントを起こせるか

今“排便周り”がアツい!?

 増谷彩=日経メディカル

 みなさん、寝ても覚めてもそのことばかり考えてしまうほど熱中するものに出会ったことはありますか?今回は、排便記録アプリ「ウンログ」の田口敬氏、腸内細菌叢解析サービスを開発中の沢井悠氏、横浜市立市民病院の外科医でありながら日本うんこ学会会長で、課金の代わりに観便する(!?)美少女ゲーム「うんコレ」の監修を務める石井洋介氏にお集まりいただきました。3人が熱中するのは、「便」や「腸内環境」です。

 さまざまな疾患に関係するといわれる腸内環境を考える上で、自分の便に興味を持ったり注意を払うことは必須。3人は、「正しいうんこの知識を普及させ、国民の大腸健康度の向上を目指します」「『先生うんこに行ってきます!』が自然と言える社会を目指します」を理念として掲げる日本うんこ学会に参加し、とっても真面目に排便周りの「意識変容」「行動変容」を起こそうとしているのです。対談会場のカフェで人目をはばかりつつ、便や腸内細菌についてアツく語っていただきました。

最近、腸内細菌叢や腸内環境への注目が高まっていますね。皆さん腸や便に関係するサービスを手掛けられていますので、最初に内容をざっくりご紹介いただけますか?

田口敬氏●ウンログ(東京都港区)社長。IT通信機器販売の法人営業やマーケティングサービスの企画営業を経て現職。ドコモ・イノベーションビレッジ第3期で審査員賞とオーディエンス賞を受賞。排便記録アプリ「ウンログ」や、ヘルスケア関連メディア「ウンラボ」を手掛ける。オーダーメードで作成したウンログマスコットの帽子がトレードマーク。

田口 排便を記録・観察して健康管理をしようというiPhoneアプリ「ウンログ」を手掛けています。うんちを通じて日々の体調を知っていくことで、自然と食べ物に気を付けるようになったりとか、自分の行動を意識するようになるんです。ダウンロード数は24万件で、利用者の約9割が女性ユーザーです。特徴はかわいい・簡単・楽しいで、記録を継続してもらうための仕掛けをいろいろ施しています。

 私は、アレルギー体質に長年悩まされてきました。運動後に蕁麻疹が出たりするため、運動する前日に抗ヒスタミン薬を内服するような状況でした。あるとき、免疫異常は腸内環境に左右されるという説を耳にし、毎日ヨーグルトを食べたり和食中心にしたりと腸内環境に良いとされる行動を取ってみました。その結果、症状は改善し、今では運動しても全く問題なくなりました。この「腸活」のすごさをもっと知ってほしいと考え、このアプリを作成しました。

ウンログ画面。排便以外にも、肌の調子や気分、薬剤の内服状況、月経周期などの記録もできる(左)。排便は色や形状、膨満感、臭いを選択して登録(中)。記録した内容は、カレンダー形式やログ形式などで表示できる(右)。
沢井悠氏●サイキンソー(東京都新宿区)社長。遺伝子やゲノムに関する研究開発の支援企業ジナリスを経て、2014年11月に起業し現職。2015年前半のサービス開始を目標に、腸内細菌叢の検査サービスなどを開発中。

沢井 私も腸内環境に着目しました。今は起業したばかりで、2015年の夏前を目標にサービス開発中ですが、ある研究機関と協力して、ヒトの腸内細菌叢(マイクロバイオーム)のパターンをDNA解析によって評価するサービスを行いたいと考えています。「第二のゲノム」とも言われるヒトの常在細菌叢のうち、個人の食習慣や生活習慣を反映して変化する腸内細菌叢は、生活習慣病の発症リスクや消化器疾患の発症リスクの評価に応用できるんです。具体的には、大便内に含まれる腸内細菌をざっくりと数十種類に分類して実測し、腸内環境を評価しようとしています。その上で、個人に合った食生活を提案したりしたいと考えています。価格は未定ですが、フィットネスジムの1カ月分の利用料くらいを想定しています。

田口 食生活で腸内細菌の悪玉菌率が高まるとか、そういう変化にすごく興味あります。

沢井 高脂肪、高蛋白を好む腸内細菌が悪玉という説がありますね。

石井 大腸癌の罹患率が一番高いのってドイツ人なんです。ソーセージとかハムとかを好むから肉が問題だと考えられていたけど、最近はもしかしたら加工肉に含まれる添加物が一番悪いんじゃないか?という説も唱えられています。

沢井 腸内細菌叢からいろんなことが分かりそうですよね。これまで私はバイオテクノロジー業界で新薬の開発などに携わってきましたが、バイオテクノロジーをもっと身近なものにしたいという思いがありました。最近注目を集めている個人向けの遺伝子検査サービスは、認知度を高める上では成功した事例だと思っています。私も、バイオテクノロジーを活用して生活をより良いものにするようなサービスを提供したいと考えています。

石井洋介氏●日本うんこ学会会長。横浜市立市民病院外科医でもある。自身が潰瘍性大腸炎に罹患した経験から外科医を目指す。現在は大腸癌の検診率向上や“排便周り”へのスティグマ解消を目指す日本うんこ学会を立ち上げ、「うんコレ」の医学監修を務める。取材で写真を撮られるときはももクロTシャツで挑むことを、このほど決意。

石井 身近なものにするという視点はとても重要ですよね。消化器外科医として一番ショックなのは、見つかった時点で既に手術ではどうにもできない状態にまで癌が進行してしまっている人がいることです。そのため、かねてから「大腸癌検診の受診率を向上したい」という思いがありました。ただ、検診の重要性って多くの啓発が行われているので意外と周知されているんです。でも患者さんに聞いてみると、企業が義務化している検診にすら行っていない。重要性を知ることと、行動することは別なんです。私たちは、どうしたら人が行動したくなるのかを徹底的に考えました。

 それで、2015年夏のリリースを目指し、日本うんこ学会が開発しているのが、腸内細菌を擬人化したゲーム「うんコレ」です。なんでゲームなのかというと、腸内の疾患に気が付くために重要な便の観察(観便)を継続してもらうためです。人によって、便には個体差がある。こういう便はダメ、こういう便は良いということよりも、自分の体内の変化を察知することがなによりも大事だと思います。そのためには自分で観便するしかない。でも自分でやってみて感じたのは、ただ便を観察するのってすぐに飽きてしまうということ。特に男性だとモチベーション維持が難しいと思いました。そこで癌や健康についての正しい知識を提供しつつ、観便のモチベーションを保てる仕組みをゲームで作って楽しく排便ログを付けられるようにしたいと思っています。排便ログは腸内環境を知るための基本ですし、いわば自分の「うんこプラットフォーム」を作ってほしいですね。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

  • つらい筋トレ不要? 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    薄着の季節になると、何かと気になる“お腹ぽっこり”。短期間で何とか解消したい!と思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、手軽に実践できる「ドローイン」と「猫背姿勢の改善」で“ぽっこりお腹”を解消していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.