日経グッデイ

トピックス

インフルエンザワクチンは打たない方がいい?

 増谷彩=日経メディカル

 昨年末、筆者は友人から突然「インフルエンザワクチンは打たない方がいいって本当?」という質問をLINEで受け取った。彼女は現在妊娠中で、病院でインフルエンザワクチンの接種を勧められたが、ネットで調べたところネガティブな情報ばかり出てきて不安になったのだという。

 「だって調べれば調べるほど陰謀論が出てくるんだもん」と彼女が驚きの発言をするので、試しに彼女が使用した検索エンジンYahoo!の検索窓に「インフルエンザワクチン」と打ち込み、検索してみた。

 すると、厚生労働省の「インフルエンザQ&A」よりも上位に、インフルエンザワクチンの接種をやめようと訴えるウェブページが出てきた(図1)。漠然と疑問を持ってインターネットで検索してみた人が、真っ先に目にするのがこのような情報だとは…。筆者は今回初めて知ることになった。

図1 検索エンジンYahoo!の検索窓に「インフルエンザワクチン」と打ち込んでみた結果
[画像のクリックで拡大表示]

「~はいけない!」記事は力強く分かりやすい

 インフルエンザワクチンを否定する趣旨の文章は、断定調で分かりやすい。はっきりと「~は嘘」「絶対に~してはいけない」「~は常識」と説明している。それではと出典を見てみると、数十年前の発言だったり、現在では否定されている内容だったりする。

 一方、エビデンスなどを紹介しながらインフルエンザワクチンを肯定している場合は、彼女にとっては言い訳がましく感じるのかもしれない。結論も「~な可能性がある」とか「~と考えられている」とかいまいち煮え切らない……と思ったのかもしれない。

 しかし、打った場合も打たなかった場合も多少のデメリットが存在し、「インフルエンザに絶対にかかりたくない!」という要望を満たす手段は今のところないという事の性質上、どちらのリスクを取るかは自分で判断するしかない。

 さて、彼女の疑問に正確に答えるためには、ワクチンの原株と製造株と流行株の一致率の話や集団免疫の話など膨大な情報提供をしなければならないかもしれないが、そんなに情報を与えられても処理に困ることが想像される。

 「気になることは主治医に聞いてみてね」と前置いた上で、「感染自体はワクチンでは防げないけど、発症を抑えたり重症化を防げる可能性がある」こと、「特に重症化しやすい妊婦や高齢者などは接種が望ましいとされている」ことなどを伝えた(それでもメッセージアプリでやり取りするには十分に長文になった)。どの程度理解してくれたか本当のところは分からないが、「もう一度考えてみるね」と言ってくれた。

 今年の1月ごろ、「WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数」と題して某出版社が運営するビジネスサイトに掲載された記事が話題になった(現在は「追加取材中につき一時的に非公開」として本文が閲覧できなくなっている)。

 内容は、インフルエンザワクチン接種の目的を無視して「ワクチンでは感染が防げない」と述べ、ついでに季節性インフルエンザと高病原性鳥インフルエンザをごちゃ混ぜにした、誤報と言うべき内容だった。さらに「WHOもインフルエンザワクチンでは感染を防げないし有効とするデータもないと言っている」という「都内内科開業医」のコメントも掲載されていた。筆者の周囲には医療者をはじめ医療リテラシーの高い人が多いため、この報道に対し「とんでもない誤り」と反応する人が多かった。

ワクチン接種が自閉症を招く?

 しかし、この記事に対するインターネット上の反応を調べてみると「やっぱりそうだったか」「だから私は何年もワクチンを接種していない」「ワクチンは製薬会社の儲けのための道具だ!」というリアクションも少なくなかった。今は取り下げられたその記事にリンクを貼り、「やっぱり私の感覚は正しかった」とコメントしているブログもあった。ブログ執筆者が、リンク先の記事が既に取り下げられていることに気が付く可能性は低いだろう。

 ワクチンの誤報に関連していえば、1998年に大きな物議を醸した、幼児へのMMRワクチン(麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン)接種が自閉症を招くとした論文がある。親たちが子どもへの予防接種に懸念を示す原因となったが、結局は内容に虚偽があるとして、その論文を掲載したLancet誌が「完全に抹消する」と決断して幕を閉じた。しかし、論文抹消後もその風評は一人歩きし、この論文によって幼児へのワクチン接種に悪い印象を抱いたままの人も多いようだ。

 一度誤った情報を流してしまえば、取り消したとしてもたまたま目にして読んでくれた人の記憶まで修正することは難しい。報道の役割と意義を認識しつつ、正しい情報提供の継続を心掛けたい。

この記事は、日経メディカルコラム「記者の眼」2015年2月9日付け記事からの転載です。