日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > インフルエンザワクチンは打たない方がいい?  > 2ページ目
印刷

トピックス

インフルエンザワクチンは打たない方がいい?

 増谷彩=日経メディカル

 今年の1月ごろ、「WHO、インフルエンザはワクチンで予防不可と結論 病院は巨額利益、接種しても感染多数」と題して某出版社が運営するビジネスサイトに掲載された記事が話題になった(現在は「追加取材中につき一時的に非公開」として本文が閲覧できなくなっている)。

 内容は、インフルエンザワクチン接種の目的を無視して「ワクチンでは感染が防げない」と述べ、ついでに季節性インフルエンザと高病原性鳥インフルエンザをごちゃ混ぜにした、誤報と言うべき内容だった。さらに「WHOもインフルエンザワクチンでは感染を防げないし有効とするデータもないと言っている」という「都内内科開業医」のコメントも掲載されていた。筆者の周囲には医療者をはじめ医療リテラシーの高い人が多いため、この報道に対し「とんでもない誤り」と反応する人が多かった。

ワクチン接種が自閉症を招く?

 しかし、この記事に対するインターネット上の反応を調べてみると「やっぱりそうだったか」「だから私は何年もワクチンを接種していない」「ワクチンは製薬会社の儲けのための道具だ!」というリアクションも少なくなかった。今は取り下げられたその記事にリンクを貼り、「やっぱり私の感覚は正しかった」とコメントしているブログもあった。ブログ執筆者が、リンク先の記事が既に取り下げられていることに気が付く可能性は低いだろう。

 ワクチンの誤報に関連していえば、1998年に大きな物議を醸した、幼児へのMMRワクチン(麻疹・流行性耳下腺炎・風疹混合ワクチン)接種が自閉症を招くとした論文がある。親たちが子どもへの予防接種に懸念を示す原因となったが、結局は内容に虚偽があるとして、その論文を掲載したLancet誌が「完全に抹消する」と決断して幕を閉じた。しかし、論文抹消後もその風評は一人歩きし、この論文によって幼児へのワクチン接種に悪い印象を抱いたままの人も多いようだ。

 一度誤った情報を流してしまえば、取り消したとしてもたまたま目にして読んでくれた人の記憶まで修正することは難しい。報道の役割と意義を認識しつつ、正しい情報提供の継続を心掛けたい。

この記事は、日経メディカルコラム「記者の眼」2015年2月9日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.