日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 全日本大学駅伝の惜敗から“美しすぎる走り”を修正
印刷

トピックス

全日本大学駅伝の惜敗から“美しすぎる走り”を修正

『走った距離は裏切らない』は本当なのか?

 松尾直俊=フィットネスライター

箱根駅伝で2年連続の総合優勝を成し遂げた青山学院大学陸上競技部(以下、青学)。1区から全く首位を譲ることのない完全優勝を勝ち取ったのは、原晋監督が選手のやる気と潜在能力を引き出す指導を行ったことが大きい。しかし選手たちが競技能力を向上させた背景には、普段はあまり着目されることがないフィジカルトレーナー、中野ジェームズ修一氏の存在があった。
安定感と強さを兼ね備えた走りを実現するためのトレーニング法をお伝えした第1回「箱根駅伝、青学連覇の舞台裏。勝利のカギは“上半身ねじり”の体幹強化 」に続いて、今回は、箱根駅伝の直前に開催された全日本大学駅伝での敗北を受けた、青学の走りを進化させるための秘策についてお伝えしよう。

 2016年の箱根駅伝(正式名称:東京箱根間往復大学駅伝競走)で完全優勝、そして2連覇。この輝かしい成績を収めた青学の強さを養った裏には、「11月の全日本大学駅伝対校選手権で東洋大に僅差で負けたことへの反省もあるんです」と中野ジャームズ修一は語った。その反省点とは何だったのか? そして走りをどう改善したのだろうか。

アウターを使ったスパートでタイムを詰める

 スタートから快走した箱根駅伝1区の久保田和真(4年)は、追ってくる2位東洋大学に53秒の差をつけてタスキを2区の一色恭志(3年)へつないだ。21.3kmを1時間1分22秒。区間賞はもちろんのこと、記録は区間歴代3位というハイスピードで駆け抜けてきたのに、倒れ込むことがないばかりか笑顔まで見せている

 これこそが体幹と脚部を連携させるトレーニングを積んできた効果。体幹の内部にあるインナーユニットの筋肉を上手く使えるようになると、スピードを乗せて走ってもエネルギーロスが少なくなり、体力に余裕ができるのだ。一方、体幹を活用することなく、肩から先の腕振りと脚部を動かすことばかりに気を取られると、体の上下動や左右への揺れが生じて体力も失われていく。

「選手のパフォーマンスを上げることはもちろん、故障者をゼロにすることが最重要」と語る中野さん。
[画像のクリックで拡大表示]

 「人によって体型や体格に差がありますから、これが理想のフォームだと決めつけることはできませんが、フォームがきれいな選手はやっぱり速いんです。それに余計な負荷が特定の部位にかかることがないからけがも少ない。一般のランニング愛好家の方々も、選手の体の軸のぶれ方を意識してマラソンや駅伝の大会を見るようにすれば、走り方のちょっとしたヒントになりますよ」(中野さん)

 一般ランナーも青学の選手たちのように、インナーユニットの筋肉を意識して、体の軸がぶれることなく腕や脚を動かす美しいフォームを心がければ、走りが効率的になり、長距離を楽に走れるようになるはずだ。

 「ただ、実はそこが昨年の全日本大学駅伝で東洋大に負けた要因でもあったんです。私がインナーの筋肉を使うことばかりを強調し過ぎたことが裏目に出たんです。体力に余裕があれば、最後の1~2kmは多少フォームが乱れても、アウターの筋肉を使った力でグイグイ走ってもいいんです。それを言っていなかった…。それが全日本大学駅伝で約1分の差をつけられた敗因ですね。その自分のミスを、すごく反省したんです」(中野さん)

 確かに昨年の箱根では、青学の選手は全員が最後までフォームが乱れることがなかった。しかしそれだけでは勝てないこともある。全日本大学駅伝で惜敗した反省から、中野は選手たちにアウターの筋肉を使った走りのコツをアドバイスした。

 主にインナーの筋肉を使った走りでエネルギーを温存し、ラストスパートでアウターの筋肉を使ってスピードを上げる。当然、フォームの上下動や揺れは大きくなる。その粘りの走りも今回の連覇、そして完全優勝を遂げた一因だ。今大会では、何人かの選手は終盤になるとブレが生じているように見えたが、実はアウターを使った走りに切り替えていたのだ。決して疲れで体幹の力が抜けて、体軸が揺れていたのではない。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.