日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 終末期の人との接し方 相手が望む話の聞き方とは?
印刷

トピックス

終末期の人との接し方 相手が望む話の聞き方とは?

「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」著者に聞く(2)

 西門和美=フリーライター

 家族や友人が苦しんでいるとき、私たちにできることは何だろうか。「力になりたい」と思うほど、何かいいアドバイスをしなくてはと思いがちだが、それよりもっと大切なことがあると、2800人以上の看取りを経験し、人生の最期を見据えた人と対話をしてきた医師・小沢竹俊さんは言う。そんな小沢さんに、苦しんでいる人に「この人は自分の理解者だ」と思ってもらえる方法について聞いた。その考え方は、看取りの現場だけでなく、様々なシーンで役立つはずだ。

苦しんでいる相手の気持ちを理解することは難しいが、「この人は私の理解者だ」と思ってもらうことはできる(©Katarzyna Bialasiewicz -123rf)

苦しんでいる人が求めるのは「自分を分かってくれる人」

看護師養成学校で、最期を見据えた人との対話術について話す小沢さん(写真 秋元 忍)
[画像のクリックで拡大表示]

 人生の最期が近づき、苦しんでいる人がいる。そんなとき、私たちにはいったい何ができるのだろうか。

 「『力になりたい』と思えば思うほど、相手に対してアドバイスや励ましをしたくなるもの。でも、苦しみにとらわれて目の前が真っ暗になっている人にとって、それは本当にうれしいことなのでしょうか」と小沢さん。

 例えば「生きていても仕方がない」と落ち込む人に、「人の命は地球よりも重くて大切なんですよ」「生きたくても生きられない人だっている。元気を出しましょう!」と言ったところで、「あなたに何が分かるの?」と反発されても無理はない。相手に「理解されていない」と感じられ、心はすれ違ってしまう。では、どうすればいいのだろうか。

相手を理解するのと、相手に理解者だと思われるのは別物

 相手を観察したり想像したりして、「私は相手のことを理解できた」と感じることもあるかもしれない。そんなとき人は、「言わなくても分かっているよ」とばかりに、相手の話に耳を傾けなくなるものだ。しかしこの態度が、相手が望むものであるかどうかは疑わしい。

 「現実には、相手を100%理解することは不可能です。しょせんは他人であり、まったく同じ気持ちを共有することはできません。つまり、『私が相手を100%理解できる』可能性はゼロなんです」と、小沢さん。

 その一方で、「相手が私のことを理解者だと思う」ことについては、可能性が残されている。相手から「私のことを分かってくれる人だ」と思ってもらえたなら、それは、実際に理解できることと同じくらい価値があることかもしれない。

 では、苦しんでいる相手が「この人は私の理解者だ」と思うようになるには、どうすればいいのだろうか。

 そのためには相手に「私のことを分かってくれた」と思ってもらえるような話の聞き方をすることが必要だ。苦しんでいる人は、人に伝えたい何かを抱えている。ただしそれは、誰にでも話せるわけではない。「自分のことを分かってくれそうな人」を選んで打ち明けるのだ。

小沢さんの資料をもとに編集部が作成(一部改変)
[画像のクリックで拡大表示]

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.