日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 子どもの3人に1人が花粉症、進む発症の低年齢化

トピックス

子どもの3人に1人が花粉症、進む発症の低年齢化

一戸建の方が花粉症になりやすいとの報告も

 鈴木英子=ニューズフロント

 ロート製薬は、「子どもの花粉症」に関する調査(調査期間:2015年11月5日~11日)の結果を発表した。それによると、花粉症の子どもの数は年々増加し、発症の低年齢化が目立つという。

 調査は、0~16歳の子どもを持つ母親1589人にアンケートを実施し、その子ども2618人の症状や実態などについて集計し、分析した。

 子どもが花粉症だと思うか尋ねたところ、「花粉症である」と親が実感している子どもの割合は33.4%だった。2012年に同様の調査を実施した際のその割合は25.7%で、以降、2013年は28.8%、2014年は32.7%と、右肩上がりに増加している(図1)。

図1◎ 花粉症と通年性アレルギー性鼻炎の子どもの変化(2012年~2015年)
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート
人生100年時代プロジェクト

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.