日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > なぜ早期発見が大事? がんについて知っておくべき基礎知識
調査実施年は2016年。胃がん、肺がん、大腸がん、乳がんは40~69 歳、子宮頸がんは20~69歳の受診率。また、子宮頸がんと乳がん検診は「2年に1回」の受診が推奨されているため2015~16年の検診受診者の合計に基づく検診受診率。出典:厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.