日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > 医師が語る「冬のマラソンで起きがちなトラブル」と予防策
印刷

トピックス

医師が語る「冬のマラソンで起きがちなトラブル」と予防策

天気が良くて走りやすい日ほど要注意?

 伊藤和弘=フリーランスライター

1月から2月にかけて、多くの市民マラソンが開催される。夏に比べて走りやすいのは間違いないが、一方で体のトラブルも起こりやすい。脱水やハンガーノックなど、「冬のマラソン」で起こりやすいトラブルとその予防法を覚えておこう。

気温が低い冬は、低体温症、脱水、ハンガーノックが起こりやすい。それらを防ぐには?写真はイメージ=(c)maridav-123rf

 2月は「マラソンの季節」。青梅マラソン、京都マラソン、東京マラソンなど、知名度の高い市民マラソン大会が目白押しとなっている。気温が高い夏に走るよりも肉体的負担が少なく、安全で走りやすいが、くれぐれも油断は禁物。逆に寒い季節ならではのトラブルもある。

 「気温が低い冬は熱中症が起こりにくい代わりに、低体温症脱水ハンガーノック(長時間の激しい運動の最中に、極度の低血糖状態に陥ること)が起こりやすい。特に小雨まじりや風があって寒い日は、低体温症などを起こしやすくなります。では天気が良くて暖かく走りやすい日は安心かというとそんなことはなく、そんなときこそ記録を狙おうと無理をする人が多いせいか、心肺停止を起こすケースが少なくありません」と話すのは、千葉マリンマラソンなど多くのスポーツ大会でサポートドクターを務めている稲毛病院(千葉市稲毛区)整形外科・健康支援科部長の佐藤務さんだ。

危険な「低体温症」とは?

 低体温症とは通常は37℃前後ある深部体温(体の中心部の温度)が35℃以下に下がった状態。臓器の機能や、意識レベルが低下し、もちろんランニングのパフォーマンスも著しく低下させる。深部体温30℃以下になると不整脈が生じ、筋肉は硬直して、呼吸機能が低下。それ以下で生死に関わる。「睡眠薬や鎮静剤、のどの薬を服用している人のほか、過度の飲酒、過激なダイエットや食事制限、低血糖、糖尿病や甲状腺などの内分泌疾患は低体温症を招きやすい」(佐藤さん)という。

 ハンガーノックとは長時間の激しい運動によって血糖値が極端に下がった結果、体が動かなくなり、意識がもうろうとすること。体温の維持に糖を消費する冬は、夏よりもハンガーノックが起こりやすくなるという。

 こうしたトラブルを防ぐには、どんなことに気を付ければいいのだろうか。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.