日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 糖質制限中の人も喜ぶ ネットでも買える低糖質チョコ  > 3ページ目
印刷

トピックス

糖質制限中の人も喜ぶ ネットでも買える低糖質チョコ

バレンタインは健康にも気遣った贈り物を

 GreenCreate

5. 砂糖・小麦粉・トランス脂肪酸・合成甘味料ゼロ!「アマンドショコラ」

 糖質制限食品のショッピングサイトを運営しているオーソモレキュラー.jpで扱っているのは、低糖質・高栄養価のアマンドショコラ。

オーソモレキュラー.jp「アマンドショコラ」(6箱1セット3240円税込み)、糖質約3.06g(1箱あたり)
[画像のクリックで拡大表示]

 「カリカリにローストした栄養価の高いアーモンドを糖質オフのチョコレートでコーティングし、それぞれの素材の分量を食べやすいよう調整しました」と話すのは同社事業本部長の吉田由美さん。1箱で糖質は約3gとかなり低いが、アーモンドの噛みごたえと香ばしさで満足感を得られる商品だ。

 糖質の過剰摂取を見直し、たんぱく質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル不足を解消する食事指導を専門に行っている管理栄養士・大柳珠美氏が監修しており、砂糖だけでなく、小麦粉、トランス脂肪酸、合成甘味料を一切使っていないという。

■購入方法
オーソモレキュラー.jp モールでのみ購入可能。2月8日23時59分までのご注文分は2月12日~14日までの日時指定もできる。2月9日以降の注文は通常配送。

6. 砂糖不使用で作られた、まろやかな「低糖質生チョコレート」

 北里研究所病院・糖尿病センター長である山田悟医師の監修のもと、低糖質スイーツを研究してきた「パティスリー・ラ・ノブティック」の日髙宣博シェフ。低糖質スイーツの手作り方法を伝授する著作もある日髙さんの店では、様々な低糖質スイーツを常時販売している。その中でも、バレンタインなどのギフトに向くのはこちら。

パティスリー・ラ・ノブティック「低糖質生チョコ」(10個入り2500円)、糖質約0.65g(1粒あたり)
[画像のクリックで拡大表示]

 通常のチョコレートはカカオの種子を発酵・焙煎したカカオマスをベースに、砂糖、カカオバター、生クリームなどを混ぜて作るが、この生チョコは砂糖を使わずエリスリトールを使用。「通常のチョコレートは糖分があるからこそカカオマスやカカオバターなどがうまく乳化してくれますが、砂糖を使用していないため、乳化するのが難しい。口溶けよく滑らかに仕上げることに苦労しました。今まで試作をしていたお菓子の中でも、難しさはおそらくナンバー1でしたね」と日髙さん。

 試行錯誤の末に完成したチョコレートは、濃厚でまろやかなのに、糖質は1粒あたり0.65g(一般的な生チョコの約5分の1)。天然甘味料エリスリトールでしっかり甘みは感じられる。

■購入方法
FAXか電話での注文で取り寄せが可能。2月14日までの到着は2月9日の注文分まで受付中。東京・板橋の「パティスリー・ラ・ノブティック」実店舗では2月14日当日でも購入できるが、売り切れの場合もあるのでご注意を。店舗詳細はこちら

※価格は特記がない限り、税抜きです。

(取材・文 GreenCreate)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.