日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 花粉症、早めに始めたい初期療法 効果を上げるポイントは?
印刷

トピックス

花粉症、早めに始めたい初期療法 効果を上げるポイントは?

花粉症の予防治療に関する基礎知識

 及川夕子=ライター

花粉シーズンになると、鼻がグズグズ、目もかゆくてたまらない。マスクやメガネでしのいでみるも、だんだん症状がひどくなり慌てて病院へ…。このように例年、花粉症でつらい思いをしているなら、今年は早めに予防治療の「初期療法」を試してみてはどうだろう。発症時期を遅らせる、症状を軽くする、つらい時期を短縮できるなどの効果が期待でき、「鼻アレルギー診療ガイドライン」(*1)などでも推奨されている。初期療法の効果的な始め方・やり方や、タイミング、使用する薬の情報など大切なポイントについて、専門医に聞いた。

花粉飛散開始とともに、または症状が少しでも表れた時点で治療をスタートすれば、症状が軽減される。写真はイメージ=(c) liza5450-123RF

影響が小さいうちに症状を抑えることが目的

 2020年、スギ花粉の飛散開始時期は全国的に例年並み(最も早い東京、福岡で2月10日頃から)、飛散量は広い範囲で例年より少なくなるといわれている。しかし、だからといって油断は禁物。花粉症は、繰り返し花粉を吸い込んでいるうちに症状が悪化していくものだからだ。ひどくなってから薬を使うのでは、症状が改善するまでにより多くの時間がかかってしまう。だから、その前に積極的に手を打ち、ピーク時から春先まで楽に過ごそうというのが、近年、推奨されている予防治療「初期療法」の目的だ。

 「花粉症の初期療法とは、火事で言えば初期消火です。ボヤのうちなら容易に消し止められても、大火事になると火はなかなか消えません。それと同じで、アレルギー症状がひどくないときから、治療をすれば悪化しにくくなります。初期療法は、ピーク時の症状を、かなり抑えることができる療法です」と、アレルギー性鼻炎に詳しい日本医科大学耳鼻咽喉科学教室准教授の後藤穣さんは話す。

効果を得るために知っておきたいポイント5つ

1 開始のタイミングを逃さない

~「んっ?花粉症かも?」と思ったらすぐに!

 以前は、「花粉飛散開始日の2週間くらい前から薬の治療を始める」とされていた初期療法。最近は「即効性のある薬剤が登場してきたことから、花粉飛散開始とともに、または症状が少しでも表れた時点でスタートすればよいというルールに変わりつつある。2020年中に発行が予定されている次回の診療ガイドラインで改訂される見通し」と後藤さん。初期療法は、鼻の症状については、重症や最重症(鼻の症状分類に基づく)の人に推奨されている療法だが、「軽症・中等症の人も楽になるため、症状の程度に限らず勧められる」(後藤さん)という。

 花粉の本格的な飛散は通常2月上旬ぐらいからスタートするため、少しの花粉でも症状が出やすい人は、できるだけ1月中、もしくは2月上旬までに耳鼻科を受診し医師に相談するのが目安。症状が出ていないのに病院を受診していいものか、迷う人もいるかもしれないが、心配は無用。初期療法は少し早く薬を使うだけなので、保険診療として認められている。

2 症状や目的に合った薬剤を選択

~中心となるのは第2世代抗ヒスタミン薬

 鼻の症状に関する初期療法では、内服薬として第2世代抗ヒスタミン薬、抗LTs薬、遊離抑制薬のいずれか、またはステロイド点鼻薬が推奨されている(※目については5以降でまとめて紹介)。このうち、中心となるのは第2世代抗ヒスタミン薬。「より新しい非鎮静性の第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代の欠点とされた副作用(眠気、口の渇きなど)が軽減されている。また、軽症から重症まで幅広く使用可能で、鼻づまりにも効果が期待できる」(後藤さん)という。

 初期療法に抗ヒスタミン薬が有効なのには理由がある。ヒスタミンとは、目や鼻で炎症を起こし、くしゃみや鼻水、目のかゆみの原因となる体内物質。鼻腔(びくう)内の粘膜にあるヒスタミン受容体に花粉が付着すると、くしゃみ中枢や鼻汁の分泌腺、目の神経などを刺激してアレルギー反応が起こる。それを抑えるのが抗ヒスタミン薬なのだが、近年、そのヒスタミン受容体に活性化しているものと活性化していないものがあることが分かってきた。

 「抗ヒスタミン薬を服用すると、活性化していない受容体が増え、花粉が入ってきても反応しにくくなるという仕組みで、『インバースアゴニスト作用』と言います。アレルギー反応自体が『おとなしくなる』とイメージすると分かりやすいでしょう」(後藤さん)

 症状によっては、市販薬でも十分効果が得られるという。使用する薬剤は以下の通り。

●毎年、症状が重い(重症、最重症)

 耳鼻科を受診して処方してもらう。初期療法で使われる薬剤には様々な種類がある(飲み薬、貼り薬、点鼻薬など)。「仕事上眠気は避けたい」「1日に飲む回数を減らしたい」など、希望があれば伝えた上で、医師に相談を。アレルギー検査もできれば受けておきたい。

●毎年、比較的症状が軽い(軽症、中等症)

 上記同様、医師に処方してもらう方法のほか、「市販薬で対応してもよいでしょう」と後藤さん。市販薬の場合は、副作用が出にくく初期症状に効果のある第2世代抗ヒスタミン薬(*2)や、副作用の少ないステロイド点鼻薬(べクロメタゾン)を、症状によって組み合わせる。「中等症では、飲み薬と点鼻薬を組み合わせることを推奨しています。軽症の人は、どちらか好きな方1種類でよいでしょう」(後藤さん)

 ステロイド点鼻薬は、鼻粘膜でのみ作用を発揮するため副作用が少なく、初期療法のように継続して使用する長期間投与に適している。血管収縮剤入りの点鼻薬は即効性はあるが、リバウンドしやすく長期使用で鼻炎が悪化しやすいので初期療法には適さないということだ。

*1 科学的根拠などに基づいて治療法などに関する最新情報を専門家がまとめたもので、医療者や患者が治療法を決める際の判断材料となる。
*2 第2世代抗ヒスタミン薬に該当する市販の鼻炎薬(内服)の主な医療用成分は次の通り。フェキソフェナジン、エピナスチン、アゼラスチン、セチリジン、メキタジン、ケトチフェンなど。商品名ではアレグラ、アレジオン、スカイナー、ザジテンなどが該当。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.