日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 中国で鳥インフルエンザ感染者が急増、200人超える  > 2ページ目
印刷

トピックス

中国で鳥インフルエンザ感染者が急増、200人超える

ヒト-ヒト感染が否定できない集団感染例も

 三和護=日経メディカル

集団感染の発生も確認

 WHOが1月17日に発表した『Disease outbreak news』によると、中国では発症日ベースで、2016年11月22日から12月29日までに106例のヒト感染例が確認されている。

 国家衛生・計画出産委員会が1月9日にWHOに報告したもので、それによると、106人中36人が女性で、年齢(中央値)は54歳、年齢範囲は23~91歳と幅があった。報告時点での死亡者数は35人、重症例は57人だった。80人の感染者は、家きんや生きた家きんを扱う市場での接触機会があったという。

 地域的には、江蘇省で52人、浙江省で21人、安徽省で14人、広東省で14人、上海と福建省で2人ずつ、湖南省で1人、それぞれ報告されている。

 同時に、2つの集団感染例も報告された。1例目の集団感染は、66歳男性患者が発端だった。患者は、江蘇省蘇州市の住民で、2016年11月25日に発症。11月28日に入院したが、12月12日に死亡した。家きんを扱う市場と接触機会があったことが確認されている。

 66歳男性患者の娘(39歳)も、2016年12月8日に発症。同日に入院した。女性は報告時点で、重症肺炎だったことが分かっている。なお報告では、66歳男性患者と39歳女性患者との間でヒト-ヒト感染があったことは否定できないとしている。

 もう一つの集団感染は、66歳男性患者が発端となった。患者は安徽省蘇州市の住民で、2016年12月16日に発症。12月17日に入院したが、12月20日に死亡した。家きんを扱う市場との接触機会があった。その後、この66歳男性患者と同じ病棟に入院していた62歳男性(安徽省蘇州市の住民)が12月22日に発症。報告時点で容態は重篤だった。この例でも、ヒト-ヒト感染があったことは否定できないとしている。

 感染者の急増を受けて中国政府は、国内の流行状況の調査活動や医療体制を強化している。また、感染者が確認されている江蘇省、浙江省、広東省、安徽省は、2016年12月下旬に生きた家きんを扱う市場を閉鎖し、家きん市場の規制を強化している。

鳥インフルエンザとは

 鳥インフルエンザは、トリに対して感染性を示すインフルエンザウイルスによる感染症のこと。通常、鳥インフルエンザはヒトには感染しないが、感染したトリに直接触れる、粉末状になったフンを吸い込むなど、濃厚な接触をした場合は、きわめてまれだが感染することもある。日本でも、野鳥やニワトリなどで鳥インフルエンザの感染例が確認されているが、ヒトが鳥インフルエンザを発症した事例は国内では確認されていない。

 鳥インフルエンザウイルスは、ヒトや鳥類、ブタへの感染を繰り返すうちに、ウイルスが変異したり、ヒト型のインフルエンザウイルスと遺伝子再集合を起こしたりすることによって、ヒトからヒトへ感染する「新型インフルエンザウイルス」になることがあるため、世界中で監視が続けられている。

 詳しくは、厚生労働省「鳥インフルエンザに関するQ&A」を参照。

この記事は、日経メディカルに掲載された記事を一部再編集したものです。

先頭へ

前へ

2/2 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.