日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > あの「タニタ食堂」の味が自宅で味わえる!?
印刷

トピックス

あの「タニタ食堂」の味が自宅で味わえる!?

「タニタ食堂」の宅配事業始まる

 大塚千春=フリーライター

タニタの宅配食サービスメニューの一例。夕食(手前)、朝食(後ろ)で1セットとなる。写真の料理の内容は、夕食が左手前から時計回りに十六穀ご飯、「ごぼうと高野のトマト煮」「かぶとじゃこの辛子和え」、メイン料理の「鶏肉の香草パン粉焼き」。朝食が左手前より時計回りに、発芽玄米入りご飯、ヨーグルト、「水菜と桜えびのポン酢かけ」「野菜汁」、メイン料理の「牛肉ときのこの肉じゃが」。
[画像のクリックで拡大表示]

 健康総合企業のタニタ(東京・板橋)は、給食事業会社レパスト(東京・中央)と業務提携し、2016年2月1日より首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、一部地域を除く)で宅配食サービス「からだ倶楽部」を開始する。

 配達日の夕食と翌日の朝食を1セットとして、月曜日から金曜日までの5日分を日替わりで提供。価格は5日分で1万1000円(配送料込、税別)で初年度で10万セットの販売を見込む。料理は弁当箱などに入った形でチルド状態で届けられるため、電子レンジで温めるだけで食べられる。

1食500kcalで塩分3g以下

 メニューは、健康的な定食の提供で知られるタニタの社員食堂の担当管理栄養士・荻野菜々子氏が監修。各食約500kcalで塩分は3g以下に抑える。また、野菜たっぷり、噛みごたえを残した調理、ご飯は1膳100gといった「タニタ食堂のルール」を踏襲。野菜は、厚生労働省が掲げる成人1日の野菜摂取量の目標である350gを夕朝食のセットで得られるように配慮。また、野菜を大ぶりにカット、火を通しすぎない調理をすることで噛みごたえを残し満足感が得られるようにしている。

 加えて、夕朝食のセットで、日本人が不足しがちなカルシウムを、厚生労働省による成人1日の必要摂取量500~650mg(性別年齢で異なる)に対し、650mg摂取できるよう設計。筋肉をつくる肉・魚・豆類など動物性・植物性のタンパク質も、1セットで成人男性の必要摂取量50gを摂れるよう考えている。

 夕食はご飯、メイン料理、副菜2種、朝食はご飯、メイン料理、副菜1種、汁物、ヨーグルトが1日分の内容となる。ご飯は十六穀米や発芽玄米入りのものを使用。料理は、例えばメイン料理として「豆腐とえびのチリソース炒め」(夕食)と「照り焼きチキン」(朝食)、「ハンバーグホワイトソース」(夕食)と「鮭の西京蒸し酒粕風味」(朝食)が1セットになるなど、和洋中を織り交ぜる。

 宅配食の注文は、ネットショップ「レパスト銀座Yahoo!ショップ」(http://store.shopping.yahoo.co.jp/repastginza)より行う。水曜日の17時までに申し込めば翌週月曜日より届く仕組み。商品に関する問い合わせは「レパスト宅配食サービス」(TEL:0120-47-0090)まで。

 一方、タニタの社員食堂のメニューを再現した食事を提供する定食店「タニタ食堂」も出店を加速。現在同食堂は、直営店ほかフランチャイズ、メニュー提供などで、病院・ホテル内などを含め全国に21店舗を展開するが、2018年度までに全47都道府県での出店を目指し60店舗まで増やす予定だ。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.