日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > インフルエンザの気になる疑問、医師が解説
印刷

トピックス

インフルエンザの気になる疑問、医師が解説

必ず受診すべき?熱は下げたほうがいい?

 伊藤和弘=ライター

毎年この時期になるとインフルエンザを発症する人が後を絶たない。そういう意味でインフルエンザはありふれた病気とも言えるが、にもかかわらず多くの人が「誤解」していることもたくさんあるという。そこで感染症に詳しい総合診療医・感染症医の岸田直樹さんに、「よくあるインフルエンザの誤解」について解説してもらった。インフルエンザの可能性がある場合は必ず医療機関を受診しなくてはいけないのか、熱は下げるべきなのか、感染症専門医のアドバイスは?

インフルエンザが疑われる場合は絶対に医療機関を受診すべき?写真はイメージ=(c) Roman Samborskyi-123RF

インフルエンザになったら必ず受診すべきか

持病のない成人であれば、「絶対に受診すべき」というわけではない

 インフルエンザにかかると、普通の風邪では出ないような高熱が出る。中には命を落とす人もいる。そのため、「インフルエンザになったら医療機関に行くべき」と思っている人が多いが、岸田さんは「特に持病のない成人であれば、インフルエンザで医療機関に行く必要は必ずしもありません」とアドバイスする。

 「インフルエンザは健康な成人であれば、時間がたてば自然に治る病気です。それにインフルエンザの検査も薬も、多くの方が思っているほど絶対的なものではありません。検査の結果は100%正しいとは言えず、陰性、つまりインフルエンザではないと判定されても実はインフルエンザになっている人もいます。抗インフルエンザ薬の効果も、飲んでも半日から1日早く熱が下がるかもしれない、という程度。わざわざ医療機関に行く時間と労力を考えるとメリットはあまり大きいとはいえません」(岸田さん)

 「むしろ医療機関に行くと、苦しい中で長時間待たされてほかの感染症をもらうリスクもあるし、自分がウイルスをまき散らしてしまう側面もあります。欧米では、インフルエンザかもしれないと思ったら自宅で安静(stay home)にするようにとメディアでは報道されています」と岸田さん。「日本では、インフルエンザかもと医療機関を受診した人の中に、あの医者はインフルエンザの検査をしてくれない、薬も出さない、などと不満を漏らす人もいるようですが、実は検査をしない、薬を出さないからダメなお医者さんということは全くないのです」と続ける。

 もっとも、必ずしも受診しなくていいのは、あくまで持病のない成人の場合だ。中には「ハイリスク者」と呼ばれ、インフルエンザの悪化が命にかかわる人たちもいる。具体的には、5歳未満の乳幼児、65歳以上の高齢者、妊婦、ぜんそく・心疾患・糖尿病などの持病を持っている人だ。このようなハイリスク者の場合は、症状が重くならないうちに受診した方がいい。

 また、前述したように検査の精度がそれほど高くないことにも注意してほしい。つまり検査で陰性と判定されても、実はインフルエンザだったということもあるわけで安心できない。無理に出社すると自分がつらいだけでなく、職場にインフルエンザを広めることにもなりかねない。陰性と判定されても、症状がつらければ無理せず自宅で安静にしていよう。

熱は下げた方がいい?

すごくつらいのでなければ、基本的に下げなくてもいい

写真はイメージ=(c) Ilya Andriyanov-123RF

 前述したように、インフルエンザになると普段経験しないような高熱が出る。怖くなって、とにかく熱を下げなければ、という気持ちになるが、「無理に下げる必要はない」と岸田さんは注意する。

 「すごくつらいときはやむを得ませんが、基本的に熱は下げない方がいい。体温を高くすることによって、ウイルスの増殖を抑えるとともに、免疫細胞を活発にする作用もあります」(岸田さん)

 下手に熱を下げると、ウイルスと戦っている免疫細胞の足を引っ張ることにもなりかねない。逆に回復が遅くなってしまう可能性もあるという。薬など飲まなくてもおとなしく寝てさえいれば、通常の風邪なら数日、インフルエンザでも1週間程度でかなり良くなるはずだ。

 もちろん、絶対に薬を飲んではいけない、というわけではない。「熱が高くて苦しい場合は対症療法として解熱剤を飲んでもいい」と岸田さん。

 前に触れたように、健康な成人であればインフルエンザでも受診する必要はないが、「もし熱が39~40℃を超えるようなら、念のため受診した方がいい」と話す。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.