日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > その肩の痛み、五十肩ではなく「肩腱板断裂」かも!  > 3ページ目
印刷

トピックス

その肩の痛み、五十肩ではなく「肩腱板断裂」かも!

50歳以上の4人に1人が起こす肩腱板断裂、超音波で素早い診断・治療が可能に

 田中美香=医療ジャーナリスト

運動器エコーの進化で、肩腱板断裂は迅速に診断・治療できるように

肩にプローブを当て、モニターで画像を確認しながら診断・治療を進めていく。※写真はイメージです。(C) auremar-123RF

 いったん切れてしまった腱板は、自然に元に戻ることはない。だが、整形外科を受診して適切な治療を受ければ、痛みを軽減したり、肩の動かしやすさや動く範囲(可動域)をある程度回復させることは可能だ。

 整形外科の検査といえば従来はレントゲン検査が主流だったが、近年は医療機器の進歩により大きく様変わりしている。「レントゲン一辺倒の検査は、昭和の頃の話。現在では、骨や腱、筋肉、神経などをきれいに映し出す高解像度の超音波診断装置(以下、運動器エコー)が開発され、肩腱板断裂も運動器エコーで診断するのが当たり前になりつつあります」と皆川氏は語る。

 運動器エコーでは、プローブ(先端部についたセンサー)を肩の周辺に当てて動かしながら、モニター画面に映し出された映像から、腱板の亀裂や断裂の状態を把握することができる。「レントゲンでは骨しか見えませんが、エコーなら腱や筋肉、神経、軟骨なども一瞬で見えるのです。診察室でたった1分程度の検査で、肩腱板断裂かどうかの診断がつく、これが運動器エコーの大きなメリットです」(皆川氏)。

 通常、整形外科の医師は1日20~40人程度の患者を診療するといわれるが、運動器エコーを駆使する皆川氏は、1日平均150人もの患者を診るという。「エコーを使えば診断が早いレントゲン時代と比べると飛躍的な進歩です」(皆川氏)

 運動器エコーの利便性はそれだけではない。肩の痛みが強い場合は、注射で痛みを取り除くが、その際も運動器エコーが威力を発揮する。

 「エコーが発達する前は、注射をしても針先がどこに入っているのか、視覚的に把握できないのが難点でした。でも、エコーを使えば、肩にプローブを当てて画像を見ながら行うことができ、針を神経に刺さないよう『寸止め』することができます。100%狙った場所に正確に薬液を注入することができるのです」(皆川氏)

 このため、肩にプローブを当てて診断がつけば、そのまま、注射で痛みを取り除く治療まで行うことが可能だという。

 注射に用いる薬液はヒアルロン酸製剤やステロイド剤が主流だったが、皆川氏は生理食塩水を用いる方法(ハイドロリリース)を採用している。肩の筋肉(三角筋・棘下筋)の間の筋膜に生理食塩水を注入することで、その付近にある末梢神経をゆるめ、痛みやしびれを緩和することができる。ハイドロ(水)によってリリースする(解き放つ)という言葉の通り、薬剤を一切使わない注射なので、妊娠中・授乳中の女性にも副作用の心配がない。ハイドロリリースを受けた直後から、上がらなかった腕が上がるようになる、首が左右に動くようになるといった即効性があり、「1年以上ぶりにぐっすり眠れました」と笑顔を見せる患者もいるという。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.