日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > “豚のレバ刺し”でE型肝炎が急増!
印刷

トピックス

“豚のレバ刺し”でE型肝炎が急増!

牛レバーの生食禁止を機に需要がシフト、報告数が2倍以上に

 大西淳子=医学ジャーナリスト

生の豚レバーには食中毒のリスクが。(©Sergiy Kuzmin -123rf)

 2012年7月の牛レバー生食禁止を機に、代替として生食用豚レバーの提供が増え、E型肝炎の報告が急増しています。

 豚肉には顎口虫、旋毛虫、有鉤条虫(ゆうこうじょうちゅう)といった寄生虫がいる可能性があるため、十分加熱して食べることが常識となってきました。ところが、腸管出血性大腸菌による食中毒の恐れがあるとして2012年7月に牛レバーの生食が禁止されて以来、生の豚レバーを代替として求める客と、提供する店舗が増加しました。

 全国の自治体が行っている「食品、添加物等の夏期・年末一斉取締り」実施結果によると、生食用として豚レバーを提供していた店舗は、2012年末には80施設でしたが、2013年夏には190施設に増加していました。

 2015年6月には食品衛生法に基づく「食品、添加物等の規格基準」が改正され、内臓を含む豚肉の生食が禁止されました。生食用として提供した場合には、2年以下の懲役や200万円以下の罰金が科されることになりましたが、禁止後も生食用の需要と供給は続いており、2015年夏の取締りでは、118施設が生食用豚レバーを提供していたとして指導を受けました(*1)。

牛レバーの生食が禁止された2012年からE型肝炎が急増

 豚レバーの提供増加と時期を同じくして増加したのが、E型肝炎の患者です。下記の表は、食品由来の感染ではない患者や国外で感染した患者もわずかに含まれていますが、ほとんどが肉類の生食または加熱不十分な状態での摂取により発症した患者でした。

日本国内で報告されたすべてのE型肝炎患者数
200620072008200920102011201220132014
人数715644566661121127154人
(国立感染症研究所「病原微生物検出情報」より抜粋)

 報告数は実際の患者数よりかなり少ない可能性が高いのですが、注目すべきは、それまでおおよそ一定だった患者数が、牛レバーの生食が禁止された2012年にほぼ倍増し、それ以降も増加傾向にあることです。2011年10月から、E型肝炎ウイルス検査キットが保険でカバーされるようになったことも、報告を増やした可能性はありますが、果たしてそれだけでしょうか。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.