日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 止めていい咳、止めないほうがいい咳の違いって何? 専門医に聞いてみた  > 3ページ目
印刷

トピックス

止めていい咳、止めないほうがいい咳の違いって何? 専門医に聞いてみた

長く続く咳、受診の目安は? 口腔ケアや加湿で予防

 及川夕子=ライター

咳がつらいとき、止める方法はある?

止めていい咳、止めないほうがいい咳がある

 「咳は生体防御反応なので、本来、異物や病原菌を吐き出すための咳は、止めてはいけない咳です。正常な咳反射を保つには、のどの筋肉や呼吸筋を保つことが重要で、高齢になると、のどの機能が衰えて、度々むせるようになったり、誤嚥性肺炎のリスクが高まったりします。咳反射の機能を維持するには、音読、腹筋運動などが効果的です」と大谷さん。

 一方、ぜんそく発作で起こる咳は体力を奪い、夜中に咳が続けば眠ることもままならなくなる。咳が止まらないと、周囲の人にも気を使って精神的にも疲れてしまう。そうした「咳疲れ」を招く発作のような咳は、できるだけ出さないようにしたい。

 咳ぜんそくの場合は、吸入ステロイド薬などを使った治療のほかに「環境や生活習慣の見直しも大切」だと大谷さん。日ごろから、うがい・手洗い、マスクなどを活用し風邪を予防する、疲労やストレスをためない、高機能の空気清浄機を設置したり掃除をこまめにしたりしてアレルゲン(ホコリ、花粉、植物、ペットの毛)を減らすなど、工夫できることはいろいろある。

 意外なところでは、口腔ケア(歯磨き)や鼻呼吸なども、咳の予防に有効。「歯磨きは咳の原因になる口内細菌を除去するのに重要で、インフルエンザ対策にもなります。なぜかというと、口腔内細菌から出るタンパクが、インフルエンザウイルスの気道への侵入・増殖を助けてしまうからです。口腔ケアをしっかりとした群は、しなかった群と比較してインフルエンザ発症が大幅に減少したとする医学論文もあります。鼻呼吸にも異物やウイルスを取り除いてくれるというメリットがあります。吸った空気が保湿されるので、呼吸器にも優しいのです」(大谷さん)

 このほか、加湿器も有効。湿度を保つことで喉の乾燥を防ぐほか、風邪もひきにくくなる。ただし、加湿器にカビが繁殖するとかえってアレルギー性肺炎である過敏性肺炎のリスクが増してしまう。カビの発生を防ぐために、加水せず毎日水を交換することや、定期的に清掃することが必要だ。

(図版 増田真一)

大谷義夫(おおたに よしお)さん
池袋大谷クリニック 院長
大谷義夫(おおたに よしお)さん 2005年に東京医科歯科大学呼吸器内科医局長に就任。米国ミシガン大学に留学などを経て、2009年に開院。全国屈指の呼吸器内科の患者数を誇るクリニックに。医学博士、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本内科学会総合内科専門医。近著に「絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理」(日経BP)がある。

絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理

『絶対に休めない医師がやっている最強の体調管理』

代わりのいないあなたへ!
常に最高のパフォーマンスを引きだす
医学的に正しい方法

30年以上、病気なし!
テレビ等でも話題の医師が自ら実践する
科学的に証明された体調管理術

■大谷 義夫(著)
■日経BP刊/1540円(税込)


先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.