図1◎ 肛門の内部

直腸と肛門のつなぎ目は「歯状線(しじょうせん)」と呼ばれています。直腸は粘膜、肛門は皮膚組織で構成されていて、歯状線より直腸側では痛みを感じません。

記事に戻る