日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方  > その市販薬、子どもに使っても大丈夫?
印刷

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

その市販薬、子どもに使っても大丈夫?

多くの親が苦戦する粉薬の飲ませ方を伝授!

 出石啓治=一般社団法人日本医薬品情報学会 OTC情報委員会委員

「熱が出た」「お腹を下した」―子どもの病気はいつも突然です。救急車を呼ぶほどではないけれど、医療機関が休みの夜間・休日の場合、市販薬を使って自宅で様子を見ようとすることもあるでしょう。市販薬を子どもに使うときには、年齢や剤形(薬の形状)などを注意しなければいけません。具体的な注意点を解説していきます。

【Check1】その薬を使える年齢か?

添付文書にはその薬が使える年齢(もしくは使ってはいけない年齢)が記載されています。
[画像のクリックで拡大表示]

 薬の飲み方や保管方法などは添付文書と呼ばれる説明書に書かれています。「用法用量」「使用上の注意」に、その薬を使っていいとされる年齢が書かれています。というのも、成長過程の子どもは薬を代謝・排泄する肝臓や腎臓の働きが未熟なため、使用できる成分が限られています。

 例えば、解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンは小児でも服用できますが、イブプロフェンは15歳未満の使用は原則禁忌とされています。大人が普段使っている市販薬すべてが、量を調節すれば子ども使えるというわけではありません

 使用できる年齢は、よく「7歳または8歳」「15歳以上」という区分が設けられています。これは、15歳になると代謝・排泄機能が、大人とほぼ同じに、7.5歳では大人の半分になるといわれているからです。

【Check2】子どもが飲みやすい形か?

 大人の場合、内服薬といえば錠剤やカプセルを思い浮かべることでしょう。子どもは粒の大きな薬を噛まずに丸ごと飲み込むのが苦手です。子どもでも使える成分が配合されていても、誤嚥の危険性がある製品は、5歳未満は服用できず、添付文書には「のどにつかえるおそれがあります」と記載されています。

 子どもに使いやすい薬の形として、「シロップ剤」「粉薬」「坐薬」などがあります。飲み込むことができるのなら、シロップ剤や粉薬がいいでしょう。食欲がない、もしくは離乳食を始める前の乳児なら坐薬をお薦めします。

【Check3】飲ませる量の調節は必要?

年齢や体重によって飲ませてよい薬の量が異なります。添付文書で確認しましょう。(©lakhesis-123rf)

 前述した「粉薬」と「シロップ剤」は、飲ませる量を細かく調整できるのが特徴です。子どもの体重(体格)に合わせた量が添付文書の用法用量の項目に記載されているので、必ず確認しましょう。

 シロップ剤は、底の方に有効成分が沈んでいることがあるので、量りとる前に瓶を軽く振って中身を均一にしましょう。その時、泡が立つと正確に量れなくなるので注意してください。

 商品に付属している計量用のカップは、使用後に必ず洗い、乾燥させて清潔に保つようにしましょう。また、一度開封したシロップ剤には雑菌が混入する可能性がありますので、冷蔵庫で保管してください。

市販薬を子どもに飲ませる時のチェックポイント

  • その薬を使える年齢か?
  • 子どもが飲みやすい形か?
  • 飲ませる量の調節は必要?

 次ページからは、粉薬の飲ませ方のコツについて説明しましょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.