日経グッデイ

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

その市販薬、子どもに使っても大丈夫?

多くの親が苦戦する粉薬の飲ませ方を伝授!

 出石啓治=一般社団法人日本医薬品情報学会 OTC情報委員会委員

「熱が出た」「お腹を下した」―子どもの病気はいつも突然です。救急車を呼ぶほどではないけれど、医療機関が休みの夜間・休日の場合、市販薬を使って自宅で様子を見ようとすることもあるでしょう。市販薬を子どもに使うときには、年齢や剤形(薬の形状)などを注意しなければいけません。具体的な注意点を解説していきます。

【Check1】その薬を使える年齢か?

添付文書にはその薬が使える年齢(もしくは使ってはいけない年齢)が記載されています。
[画像のクリックで拡大表示]

 薬の飲み方や保管方法などは添付文書と呼ばれる説明書に書かれています。「用法用量」「使用上の注意」に、その薬を使っていいとされる年齢が書かれています。というのも、成長過程の子どもは薬を代謝・排泄する肝臓や腎臓の働きが未熟なため、使用できる成分が限られています。

 例えば、解熱鎮痛成分のアセトアミノフェンは小児でも服用できますが、イブプロフェンは15歳未満の使用は原則禁忌とされています。大人が普段使っている市販薬すべてが、量を調節すれば子ども使えるというわけではありません

 使用できる年齢は、よく「7歳または8歳」「15歳以上」という区分が設けられています。これは、15歳になると代謝・排泄機能が、大人とほぼ同じに、7.5歳では大人の半分になるといわれているからです。

【Check2】子どもが飲みやすい形か?

 大人の場合、内服薬といえば錠剤やカプセルを思い浮かべることでしょう。子どもは粒の大きな薬を噛まずに丸ごと飲み込むのが苦手です。子どもでも使える成分が配合されていても、誤嚥の危険性がある製品は、5歳未満は服用できず、添付文書には「のどにつかえるおそれがあります」と記載されています。

 子どもに使いやすい薬の形として、「シロップ剤」「粉薬」「坐薬」などがあります。飲み込むことができるのなら、シロップ剤や粉薬がいいでしょう。食欲がない、もしくは離乳食を始める前の乳児なら坐薬をお薦めします。

【Check3】飲ませる量の調節は必要?

年齢や体重によって飲ませてよい薬の量が異なります。添付文書で確認しましょう。(©lakhesis-123rf)

 前述した「粉薬」と「シロップ剤」は、飲ませる量を細かく調整できるのが特徴です。子どもの体重(体格)に合わせた量が添付文書の用法用量の項目に記載されているので、必ず確認しましょう。

 シロップ剤は、底の方に有効成分が沈んでいることがあるので、量りとる前に瓶を軽く振って中身を均一にしましょう。その時、泡が立つと正確に量れなくなるので注意してください。

 商品に付属している計量用のカップは、使用後に必ず洗い、乾燥させて清潔に保つようにしましょう。また、一度開封したシロップ剤には雑菌が混入する可能性がありますので、冷蔵庫で保管してください。

市販薬を子どもに飲ませる時のチェックポイント

  • その薬を使える年齢か?
  • 子どもが飲みやすい形か?
  • 飲ませる量の調節は必要?

 次ページからは、粉薬の飲ませ方のコツについて説明しましょう。

薬のプロが教える上手な粉薬の飲ませ方

 錠剤やカプセルと同様、子どもにそのまま飲ませることは難しい粉薬ですが、混ぜたり、練ったりできる点で重宝する形でもあります。私たち薬剤師は市販薬に限らず、親御さんからよく、「粉薬を子どもにどう飲ませたらよいのか」との相談を受けます。粉薬の飲ませ方について紹介しましょう。

上手に飲ませるコツ<1> 水に溶かして飲ませる

 水やぬるま湯に1回分の粉薬を溶かして、それを飲ませます。粉薬の種類によっては、溶けきらないものがありますが、薬の効き目には影響ないので心配いりません。粉薬が底に沈んでしまわないうちに飲み干すようにして下さい。

上手に飲ませるコツ<2> 団子状にして水で飲ませる

 薬の独特な味を嫌がる子どもは少なくありません。そこで、味を感じにくくさせる方法として、柔らかい団子にするのがいいでしょう。

 1回分の粉薬を皿の上に出し、1~2滴ほどの水かぬるま湯で練ります。この時、水分は少なめから始め、加えていくのがコツです。耳たぶほどの硬さになったら、子どもの上あごやほおの内側に塗り、水やぬるま湯と一緒に飲ませます。舌に薬が付着すると、薬の味を感じてしまうので、舌が触れないように気を付けながら塗り付けましょう。

上手に飲ませるコツ<3> 味の濃い食べ物に混ぜる

子どもが好きな、甘くて冷たいアイスクリームに混ぜるのも手。(©Mario Pessaris-123rf)

 子どもが好きな食べ物・飲み物に頼る手もあります。薬の味が分からなくなるため、嫌がらずに飲んでもらえることが多い方法です。成功しやすい食材は、アイスクリーム・チョコレート・ヨーグルト・プリン・ジュースなど。さらなる工夫として、アイスクリームやヨーグルトなど軟らかい食べ物に入れる場合、粉薬をそれらの食品で挟み込むようにして舌に直接触れないようにすると、成功確率が上がるでしょう。

 また、食材を冷やすのも成功の秘訣です。人間の味覚には低温で機能が鈍るという性質があります。例えば、冷蔵庫でよく冷やしたコーラはおいしく飲めますが、室内に放置してぬるくなったものは甘すぎて飲めたものではありません。このことは、薬を飲むときにも活かすことができます。つまり、使う食べ物・飲み物を冷やしておくと味覚を鈍らせ、より薬の味を感じにくくさせることができます

粉薬を飲ませるときにやってはいけない3つのNG

 これまでに挙げた方法を実践する上で、薬嫌いにさせないために注意しなければいけないことがあります。

粉薬を飲ませる時のNG1■ ミルクやごはんなど、主食に混ぜる
薬を混ぜたことが分かってしまうとその食べ物を警戒するようになります。ご飯などの主食はNG。(©Claudiu Badea-123rf)

 薬を飲むときに使う食べ物・飲み物は、あくまでも「お楽しみ」になるようなお菓子・ジュース類が適しています。

 主食に混ぜてはいけない理由は、薬によって味が変わってしまうため、主食となるミルクやごはんを嫌いになってしまう可能性があるからです。毎日欠かさず食べる(飲む)ものを警戒するようになることはあってはいけません。

粉薬を飲ませる時のNG2■ 混ぜているところを見せてしまう

 子どもは、「親が薬を飲ませようとしている」という気配に驚くほど敏感です。どんなに子どもが好きな食べ物を使おうとも、目に見える範囲で薬を混ぜていれば、間違いなく察知され、飲むことを拒否されます。これは、やってしまう親御さんが多い“落とし穴”といえます。

粉薬を飲ませる時のNG3■ 1歳未満の子どもにハチミツ

 ハチミツは甘味が強く、適度な粘性があって薬を包み込みやすい食べ物といえます。しかし、加熱処理をしてないハチミツはボツリヌス菌に汚染されていることがあります

 ボツリヌス菌は、ボツリヌス毒素という物質を作り出し、これに汚染された食品を食べると、全身の麻痺、呼吸抑制などの症状が現れます。このようなリスクが高い1歳未満の子どもには、ハチミツを用いるべきではありません。

保育園や幼稚園、学校に通う子どもはいつ薬を飲ませる?

 特に1日3回の薬では、学校や保育園などに行っている間の服用をどうするのかで悩みがちです。一部の薬では、「食前」「食後」などのタイミングを正確に守らなければならないケースもありますが、多くの薬は飲む時間が多少前後しても大きな問題ありません。薬を飲むタイミングは柔軟に変えてもらって構いません。

 厳密に1日3回食後の飲み方を守ろうとすれば、昼食後の薬を学校や保育園で飲ませる必要があります。しかし、飲み忘れることも多く、小さい子どもは自分で薬を飲めないことも考えると、昼食後の分は家に帰ってから飲み、夕食後の分は寝る前にずらす、といった工夫が有効です。

 また、小さな子どもの場合、ご飯を食べてしまうとおなかが一杯になり、その後の薬を飲んでくれなくなることがあります。こうしたケースでも、食事の前に飲むようにすると、解決できる場合があります。購入の際に薬剤師に相談してください。

一般社団法人日本医薬品情報学会 (JASDI)
一般社団法人日本医薬品情報学会 OTC情報委員会 本会は、薬剤師が中心となって医薬品情報学に関する教育や研究を行うことで、薬学・医学・医療の進歩向上、国民の健康に貢献することを目的として活動しています。本会のメンバーは病院や街の薬局で働く薬剤師、薬学系大学教員、製薬や医薬品流通関連企業、薬事関連行政担当者などです。主な活動として、学会機関誌JJDIの発行、学術大会・学術フォーラムの開催、一般向けの公開講座、医薬品情報学に関する教育・研究の支援、専門薬剤師の認定などを行っています。ホームページはこちらから。