添付文書にはその薬が使える年齢(もしくは使ってはいけない年齢)が記載されています。

記事に戻る