日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方  > その市販薬、子どもに使っても大丈夫?  > 3ページ
印刷

薬剤師直伝! 市販薬の選び方・使い方

その市販薬、子どもに使っても大丈夫?

多くの親が苦戦する粉薬の飲ませ方を伝授!

 出石啓治=一般社団法人日本医薬品情報学会 OTC情報委員会委員

粉薬を飲ませるときにやってはいけない3つのNG

 これまでに挙げた方法を実践する上で、薬嫌いにさせないために注意しなければいけないことがあります。

粉薬を飲ませる時のNG1■ ミルクやごはんなど、主食に混ぜる
薬を混ぜたことが分かってしまうとその食べ物を警戒するようになります。ご飯などの主食はNG。(©Claudiu Badea-123rf)

 薬を飲むときに使う食べ物・飲み物は、あくまでも「お楽しみ」になるようなお菓子・ジュース類が適しています。

 主食に混ぜてはいけない理由は、薬によって味が変わってしまうため、主食となるミルクやごはんを嫌いになってしまう可能性があるからです。毎日欠かさず食べる(飲む)ものを警戒するようになることはあってはいけません。

粉薬を飲ませる時のNG2■ 混ぜているところを見せてしまう

 子どもは、「親が薬を飲ませようとしている」という気配に驚くほど敏感です。どんなに子どもが好きな食べ物を使おうとも、目に見える範囲で薬を混ぜていれば、間違いなく察知され、飲むことを拒否されます。これは、やってしまう親御さんが多い“落とし穴”といえます。

粉薬を飲ませる時のNG3■ 1歳未満の子どもにハチミツ

 ハチミツは甘味が強く、適度な粘性があって薬を包み込みやすい食べ物といえます。しかし、加熱処理をしてないハチミツはボツリヌス菌に汚染されていることがあります

 ボツリヌス菌は、ボツリヌス毒素という物質を作り出し、これに汚染された食品を食べると、全身の麻痺、呼吸抑制などの症状が現れます。このようなリスクが高い1歳未満の子どもには、ハチミツを用いるべきではありません。

保育園や幼稚園、学校に通う子どもはいつ薬を飲ませる?

 特に1日3回の薬では、学校や保育園などに行っている間の服用をどうするのかで悩みがちです。一部の薬では、「食前」「食後」などのタイミングを正確に守らなければならないケースもありますが、多くの薬は飲む時間が多少前後しても大きな問題ありません。薬を飲むタイミングは柔軟に変えてもらって構いません。

 厳密に1日3回食後の飲み方を守ろうとすれば、昼食後の薬を学校や保育園で飲ませる必要があります。しかし、飲み忘れることも多く、小さい子どもは自分で薬を飲めないことも考えると、昼食後の分は家に帰ってから飲み、夕食後の分は寝る前にずらす、といった工夫が有効です。

 また、小さな子どもの場合、ご飯を食べてしまうとおなかが一杯になり、その後の薬を飲んでくれなくなることがあります。こうしたケースでも、食事の前に飲むようにすると、解決できる場合があります。購入の際に薬剤師に相談してください。

一般社団法人日本医薬品情報学会 (JASDI)
一般社団法人日本医薬品情報学会 OTC情報委員会 本会は、薬剤師が中心となって医薬品情報学に関する教育や研究を行うことで、薬学・医学・医療の進歩向上、国民の健康に貢献することを目的として活動しています。本会のメンバーは病院や街の薬局で働く薬剤師、薬学系大学教員、製薬や医薬品流通関連企業、薬事関連行政担当者などです。主な活動として、学会機関誌JJDIの発行、学術大会・学術フォーラムの開催、一般向けの公開講座、医薬品情報学に関する教育・研究の支援、専門薬剤師の認定などを行っています。ホームページはこちらから。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.