日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者塾  > 「訪問看護」を知ろう
印刷

COML患者塾

「訪問看護」を知ろう

【話題提供】錦織 法子さん(訪問看護ステーションゆいか管理者・看護師)

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

訪問看護という言葉を聞いたことがあっても、実際にどのようなサービスを提供してくれるのかまでは知らない、という方も多いと思います。そこで今回の患者塾では、ご自身も訪問看護師であり、訪問看護ステーションの運営もされている錦織法子さんに訪問看護について話題提供をしていただきました(本記事は COML会報誌2015年7月号からの転載です)。

訪問看護とは

錦織 法子さん(訪問看護ステーションゆいか 管理者・看護師)

 訪問看護は介護保険や医療保険を使って提供されるサービスですが、訪問“介護”と混同されることがよくあります。私たちも利用者や家族と最初に面談するとき、「訪問看護は何をしてくれるの?」とよく聞かれます。

 私は、訪問看護とは「病気や障がいにより、生活しづらい状況にある方の自宅に伺い、療養者や家族の潜在する力を見いだし、医療等の専門性と生活との調和を図るなど、“その人らしい”生活ができるよう支援する看護師によるサービス」だと定義しています。

 具体的に訪問看護で提供できるサービスは、(1)療養介護支援・相談(介護方法についての助言、病気や介護の不安についての相談)、(2)医師の指示による医療処置(医療機器やチューブ類、点滴、薬等の管理)、(3)心身の健康障害の予防(生活状況とあわせて血圧・脈・体温等の身体の状況をみることで、健康障害を予測し予防できるように支援)、(4)療養上のお世話(病状が不安的な時期の入浴・清拭や排せつなどの支援、安楽に生活することについての支援)、(5)床ずれ・皮膚のケア(生活状況とあわせて皮膚の状態をみることで皮膚のトラブルの原因を探り、予防できるように支援)、(6)リハビリテーション(自宅での生活に必要な動作を身につけることで生活機能を取り戻す、認知症や精神疾患の方への生活訓練、嚥下に障害をもつ人への機能訓練)、(7)ターミナルケア(人生の終末期を自宅で安心して過ごせるよう苦痛を緩和し尊厳ある生活ができるように支援)の、大まかに7つに分類することができます。

 ところが、上記のように多岐にわたるサービスを訪問看護で提供できるのに、(2)のような医療処置がなければ訪問看護は必要ないと判断されることがよくあります。実際、訪問看護費は介護保険費用額の2%、国民医療費の0.1%とシェアがとても小さいのです。

 訪問看護制度そのものは1994年に健康保険法によって導入されたのですが、2000年から介護保険でも訪問看護が受けられるようになってから、いくつか問題が生じるようになってきました。介護保険では介護度に応じて受けられるサービスの限度額を設けていますが、訪問看護の介護保険報酬(単価)が比較的高いためにケアマネジャーが計画するケアプランになかなか位置づけにくいという状況です。たとえば、訪問看護師に1回来てもらう単価でヘルパーなら2回来てもらえるとなると、訪問看護師の役割や訪問看護の効果を理解しているケアマネジャーでなければ、ヘルパーを選んでしまうわけです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.