日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > COML患者塾  > 医療機能の分化って? 医療機関・介護施設の種類を解説します
印刷

COML患者塾

医療機能の分化って? 医療機関・介護施設の種類を解説します

【話題提供】山口 育子 (COML理事長)

 NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML(コムル)

いま国は医療機能の分化を進め、病床機能に応じた患者を診るよう促しています。私たちが病状に合った適切な医療機関を受診するためには、まずはどんな医療機関があるのかを知ることが大切です。そこで今回の患者塾では、理事長の山口育子より、医療機関や介護施設の機能について解説しました。(本記事は COML会報誌2015年5月号からの転載です)
医療機関
特定機能病院 高度医療の提供や開発、評価、研修の機能を備えた病院として厚生労働省が承認した病院。現在、大学病院本院と国立がん研究センター中央病院、国立循環器病研究センター、大阪府立成人病センター、がん研有明病院、国立国際医療研究センター病院、静岡県立がんセンターの84病院。
※今年4月までは86病院だったが、4月末に東京女子医科大学病院、群馬大学医学部附属病院の承認が取り消されることが決まったため84病院に。
救命救急センター 急性心筋梗塞や頭部外傷など、命の危機に瀕した重篤な患者に対し、高度な医療技術を提供する三次救急医療機関。
急性期病院 医療法による定義はないが、発症してから症状が落ち着くまでの間、専門的・積極的な治療を短期間に集中しておこなう病院。かつての総合病院の多くが急性期病院として機能。二次救急や臨床研修病院、DPC 対象病院になっていることが多い。
地域医療支援病院 1998年から地域医療の充実のために2次医療圏(自然条件や社会条件、患者の受診動向を踏まえ、入院医療を提供できる地域的な単位)ごとに整備される病院。施設の共同利用、地域の医療者の研修などもおこなう。原則200床以上の国公立、あるいは公的病院、社会福祉法人など個人で開設していない医療機関に認められている。紹介率80%以上、紹介率65%以上かつ逆紹介率40%以上、紹介率50% 以上かつ逆紹介率70%以上という条件が大きな要件になっている。
がん診療連携拠点病院 全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、国から指定を受けた病院。2015年4月1日現在、がん診療連携拠点病院は401病院。専門的ながん医療の提供、地域のがん診療の連携協力体制の構築、がん患者に対する相談支援及び情報提供等をおこなっている。各都道府県が独自に認定している拠点病院もあるが、診療報酬点数の加算の対象にはならない。
開放型病院 病院の施設や設備を地域の医療機関(主に開業医)に開放、利用できるようにしている病院。開放病床は5床以上設定することが条件。地域の開業医が自分が診ている患者に入院治療が必要になったとき登録している開放型病院に入院してもらい、その病院のドクターと共同で診療する。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.