日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > あの検査、受けてみました  > 2社の検査結果が真逆! 星占いか?  > 4ページ目
印刷

あの検査、受けてみました

2社の検査結果が真逆! 星占いか?

遺伝子検査、受けてみました【最終回】

 まんだ ももゆき=医療ライター

「遺伝子」という名称に惑わされている

 ここまで、2社の検査結果を見てきたが、一般向け遺伝子検査そのものが、まだそれほど強固な研究成果の上に成り立っているサービスでもないことが、わかっていただけたのではないだろうか。第2回の「私は85歳までは生きないらしい」でも書いたように、今の遺伝子検査の解析や判定には科学的エビデンス以前の、恣意的な要素が多すぎるのだ。

 いわく、同じ疾患でも企業によって解析するSNPが異なるし、SNPの数も異なる。リスクを計算するための根拠となる論文もまちまち(欧米人だけの研究成果をベースにした判定も少なくない)。複数のSNPの研究成果を基にしている場合、それぞれのリスクをどう重みづけして最終的なオッズ比を出しているのかわからない・・・。

 たった一つ、二つ、あるいは10個、20個のSNPで病気や体質が決まるわけでもないのに、科学的な裏付けがあるようにみえるのは、「遺伝子」という名称に惑わされているからかもしれない。

生活改善の指導内容は新鮮味ゼロ

 ところで、両社とも遺伝子検査の判定に加えて、サイトには当該疾患にかからないための、生活や食事に関する指導も記載されている。また、マイコードには有料の「生活改善プログラム」なるメニューも用意されている。管理栄養士が生活改善のアドバイスをしてくれるのだという。

 もっとも、サイトの指導内容やアドバイスはどれもごく当たり前のものばかりで新鮮味はない。酒は飲みすぎるな、たばこはやめろ、野菜や魚を食べろ、塩分は控えろ、運動をしろ、ストレスをため込むな、よく寝ろ・・・。病気は先天的な遺伝要因と、後天的な環境要因などが複雑に絡まり合って発症するので、せめて環境要因から改善しましょう、ということだろうが、これまで耳にたこができるほど聞かされてきたことばかりなのが、なんとも残念。数万円も払って遺伝子をわざわざ調べたのに・・・。この辺り、サービス改善の余地はまだ残されているかもしれない。

 10月21日には、化粧品・健康食品のファンケルが、11月から遺伝子検査事業に参入するとの発表を行った。こちらは遺伝子検査で生活習慣病のリスクを解析して、顧客ごとに相応しいサプリを提案するのだという。疾患リスクそのものの根拠もまだ希薄な上に、効果のエビデンスが医療用医薬品ほどには確立されていない健康食品で、果たして“予防医療”が可能なのかしら・・・。

リスク100倍、200倍の病気を知らせて

 それはさておき、最後に、私自身が遺伝子検査を受けてみての最大の不満を述べておこう。それは、2倍、3倍程度のリスクではなく、100倍、200倍のリスクがある病気を知らせてほしいということだ。実際に一部の単一遺伝子疾患や、乳癌の遺伝子なども調べてしまっているのだから。もっとも、そうなると、医師が介在せざるを得なくなり、医療の領域に入ってしまうので、こういった簡便なサービスが成り立たなくなってしまうかもしれないが。

 しかし、体質や性格はともかく、病気に関しては、遺伝子検査がより医学的、かつ現実的なサービスに“成熟”することを期待したい。実際、遺伝子検査が急速に普及し出していることで、人間ドックなどの医療機関側のサービスも大きな変貌を迫られているという。ヒトのゲノム解析が今より簡便かつ安価にできるようになれば、将来発症する疾患のリスクを医療機関が判定するのが一般的になるかもしれない。もちろん、アンジェリーナのように、“致命的な病気”の発症リスクが高いことがわかった時のフォロー体制だけは、しっかりと確立しておいてほしい。

 今回の遺伝子検査、私自身の生活習慣を激変させるまでには至らなかった。ちょっとトレールランニングでも始めようかと思ったくらい。なにせ世界的なマラソンランナーになれたかもしれないのだから。ということで、ちょっくら山に走りに行ってきます。(終わり)

まんだ ももゆき
医療ライター
医療雑誌の編集に長年携わり、現在も医療関連記事の取材・執筆や書籍編集に従事。50歳代半ば、体重も50キロ台半ば。趣味は山登り、酒は角瓶か芋焼酎。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.