日経Gooday TOP  > 医療・予防  > あの検査、受けてみました  > 2社の検査結果が真逆! 星占いか?  > 2ページ目

あの検査、受けてみました

2社の検査結果が真逆! 星占いか?

遺伝子検査、受けてみました【最終回】

 まんだ ももゆき=医療ライター

関節リウマチのリスクが真逆だぞ!

 ということで、せっかくだから関節リウマチと肺腺がんについて、前回勉強したSNPを見ておくことにしよう。関節リウマチはrs13192471と、rs2233434のSNPの研究報告によっているという(写真3)。リスクはそれぞれ2.67倍と0.92倍で、これらの数字から2.46倍をはじき出している。遺伝要因の影響度は53~65%とのこと(写真4)。

写真3◎ 関節リウマチに関するSNPの情報
[画像のクリックで拡大表示]
写真4◎ 関節リウマチに関する遺伝要因の影響度
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、それ以前に結果が判明していたマイコードによる関節リウマチのリスクは、先でも触れたように0.52倍だった。なんと、2社で真逆の結果となっている。

 ちなみに、論文評価レベルは3段階中で最も高く、この点ではジーンクエストと同様だ。ただし、マイコードは12種類のSNPを評価対象としており、ジーンクエストと共通しているのはrs2233434のみ。念のためマイコードのrs2233434の解析結果を見てみると・・・おや、ジーンクエストとは私の塩基が違う(写真5)。ジーンクエストはTTなのに、マイコードはAA。他も、塩基が異っている。両SNPともリスクの数値(オッズ比)は同じだから、2社のいずれかの結果が間違っているのかも(その後、2社における塩基の表記方式の違いと判明)。ま、いいや。会社によって評価対象となるSNPの数も違えば、リスクも真逆。また、SNPの解説文にもミスがある。これが今の遺伝子検査の“現実”ということですね。

■変更履歴
本ページ最終パラグラフ「2社のいずれかの結果が間違っているのだろう(単純な表記ミスか?)。」を「2社のいずれかの結果が間違っているのかも(その後、2社における塩基の表記方式の違いと判明)」に修正いたしました。 [2014/11/11]
写真5◎ マイコードによるSNPの解析結果
[画像のクリックで拡大表示]
新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.