日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > あの検査、受けてみました  > 私は世界的なマラソン選手になれたらしい  > 3ページ目
印刷

あの検査、受けてみました

私は世界的なマラソン選手になれたらしい

遺伝子検査、受けてみました【その3】

 まんだ ももゆき=医療ライター

“金メダル遺伝子”の解析結果は?

 ジーンクエストには写真5で示したように、「性格などの特徴」に学習能力や記憶力、忍耐力といった項目があるのが特徴だ。こんなことに遺伝子が関係しているの?、と思ったのが「経済・政治への関心」。私は「公平性を好む」タイプのようだが、公平性の意味がよくわからない。解説には「公平性を好むとは一例を挙げると、『雨が降っている日にだけ傘の値段を普段の価格の2倍にするお店についてどう思うか』といったものです」とある。うーん、やっぱりよくわからん。

 「筋力」という項目の結果は写真8、9。「多くの世界的なマラソンランナーはこの遺伝子型です」とうれしいことが書いてある。筋繊維は、持久力はないが大きな力が出せる「速筋」と、大きな力は出せないが持久力のある「遅筋」の2タイプがあるのだという。その速筋の発達と遅筋の形成に関連するのが「ACTN3遺伝子で、そのSNP解析の結果が写真9というわけだ。このACTN3遺伝子は通称“金メダル遺伝子”とも呼ばれており、中でも遺伝子型CCは「世界的な短距離走者」に多いことで有名だ。また、スポーツジムの中には、このACTN3遺伝子を調べてトレーニングメニューを組むところもあるという。

写真8◎ 遺伝子解析から見た「筋力」(1)
多くの世界的なマラソンランナーと同じ遺伝子型であることが判明。
[画像のクリックで拡大表示]
写真9◎ 遺伝子解析から見た「筋力」(2)
ただし、同じ遺伝子型の日本人が2割もいる。
[画像のクリックで拡大表示]

 私自身、子供のころはどちらかと言えば長距離が得意で、短距離が苦手だった理由がなんとなく分かった。部活動で陸上を続けてマラソンランナーを目指すべきだったかなあ。ちなみに、2社の遺伝子検査を受けてみて、一番うれしかったのがこの結果である(もっとも、ACTN3遺伝子は持久力の遅筋とは無関係との学説もあるようだ)。

 疾患リスクや体質ではなく、こういった性格や才能を遺伝子検査の主要項目にしている会社もある。有名なのは中国の企業、上海バイオチップコーポレーション。中国政府の出資を主体に設立された会社で、日本にも数多くの代理店がある。58000円(税込み)で、「学習・知能」「EQ(心の知能指数)」「音楽」「絵画」「踊り」「運動」の6カテゴリー41項目を調べ、全体としてその人物を4 段階に評価する。テレビのバラエティー番組でも取り上げられ、日本でも一時話題になった。自分の子供や結婚相手の“才能”を調べる一手段として拡がりつつあるらしい。

 解析根拠は脆弱に見えるが(難聴関連の遺伝子のSNP解析で音楽の才能を云々するとか・・・)、興味がある向きは「上海バイオチップ」で検索してみてください。(続く)

まんだ ももゆき
医療ライター
医療雑誌の編集に長年携わり、現在も医療関連記事の取材・執筆や書籍編集に従事。50歳代半ば、体重も50キロ台半ば。趣味は山登り、酒は角瓶か芋焼酎。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.