日経グッデイ

あの検査、受けてみました

私はいったい何の病気で死ぬのだろう?

遺伝子検査、受けました【その1】

 まんだ ももゆき=医療ライター

中年男、遺伝子検査を受けてみる

 巷で流行りの遺伝子検査を受けてみた。結果の一部をお見せしよう(写真1)。全体として「あなたは癌のリスクが高い」という判定結果のようだ。さて、50歳代の中年男性はこの結果をどうとらえたらいいのだろう…。それを考える前に、検査を受けるに至った経緯から話していこう。

写真1◎ 送られてきた遺伝子検査の結果(抜粋)
[画像のクリックで拡大表示]

 人間、50年以上生きていると、あちこちへたってくる。友人の中には心筋梗塞になったやつ、ペースメーカーを入れたやつ、白内障で眼内レンズを入れたやつ、めまいに悩まされているやつ……など、がたが来た人間が結構いる。私自身は幸い、25年前に、口腔内腫瘍(告知はされなかったが、悪性だったと今では思っている)の摘出手術を受けて以来、大病はしていない。

 とはいうものの、酒の抜けは悪くなり、もの忘れも激しくなった。ぶり返す腰痛と膝痛で山登りではもう20kg以上のザックを背負っての縦走は無理だ。免疫力低下のせいか、足の爪白癬は10カ月以上内服薬で治療をしているがまだ完治していない。

 そんな中、いったい私はどれくらい長生きして、どんな病気で死ぬのかが無性に知りたくなってきた。この夏、慢性心不全持ちの78歳の母親が緊急入院をし、生死の境をさまよった。糖尿病を長年患い、白内障、心筋梗塞、腎機能低下など色んな合併症を次々起こし、年に数度は田舎の病院のICUに運び込まれている。今回もなんとか助かったが、実家に帰り病院に母親を見舞う度に、じわりじわりと体を蝕んでいく糖尿病の恐ろしさを実感する。私も早晩、糖尿病を患い合併症に苦しめられるのか、それとも母方の親戚に多い癌なのか…。

 山仲間でもある日経GoodayのY編集長にそんな話をすると、「それなら、流行りの遺伝子検査を受けてみませんか。病気のなりやすさがわかるそうですよ」と勧められた。遺伝子検査? 女優のアンジェリーナ・ジョリーが乳房を予防切除したのは確か遺伝子検査で乳癌になりやすい遺伝子変異がわかってのことだった。ある意味、そんな“恐ろしい”検査を受けていいものなのか…。一瞬迷ったが、「結果をありのまま書いてくれるなら、編集部で費用を持つことも(ちょっと)考えます」とのY編集長の当てにならない後押しもあり、早速検査キットを注文をすることにした。

 遺伝子検査と言えばこれまで、人間ドックなどの医療機関や、エステなどを窓口に、検査を受けるのが一般的だったが、最近、新聞やテレビでも盛んに報道されているように、今は消費者がWebなどで直接注文、検査キットが届いたら自分で検体(唾液)を採取して郵送し、Web上で結果報告を受ける手法が一般的になってきた。各社の事業参入が活発なのは、遺伝子解析技術の進歩し、コストが安くなっていることも背景にあるようだ。

怖くはないが、なんか物足りないぞ

 インターネットで注文したのは(株)DeNAライフサイエンス社の商品「マイコード」の「オールインワン280+」(3万2184円:税込み)と、(株)ジーンクエストの「遺伝子解析キット」(4万9800円:税込み)の2商品。マイコードの商品はAmazonで、ジーンクエストの商品は同社のサイトから購入した。

 この2社の製品を選んだのにはそれほど深い理由はない。DeNAライフサイエンス社のマイコードは、8月に芸能人やスポーツ選手を集めて、大々的に商品発表の記者会見を開いた商品。根拠となる遺伝的リスクの解析アルゴリズムは東大医科研と共同で作った、というのが売り文句だ。病気の“なりやすさ”を判定する項目数が多いのが特徴だ。3種の商品があり、体型や代謝、美容関連項目など体質を中心に30項目を調べる「カラダ30+」、癌・生活習慣病と主要な体質100項目を調べる「ヘルスケア100+」、病気と体質の全282項目を調べる「オールインワン280+」がある。「オールインワン280+」は癌39項目など、疾患項目は全部で152と非常に多い。将来かかる病気が心配な中年は迷わず「オールインワン280+」を選択。

 かたや、ジーンクエストが用意する商品は「遺伝子解析キット」1種類。癌や生活習慣病などの疾患のなりやすさや、体質など200項目を調べるもので、税込み4万9800円とやや割高な印象だ。疾患項目は41と少なく(癌は2項目)、それよりもBMI(体格指数)、筋力、言語能力、学習能力、記憶力など、体質や才能面の項目が充実していて、成人というよりも親が子供の素質をこっそり調べるのにも向いていそうだ(10月に入り、癌18項目、睡眠関連5項目を追加するとの連絡があった)。ただし、ジーンクエストは「18歳未満の方は本商品を用いた遺伝子解析を受けることができません」、DeNAライフサイエンスも「本検査は20歳以上の成人のみを対象としており、未成年を対象としたサービスではありません」と、双方とも若年者が受けることを認めていない(成人で登録して別人の検体を送った場合に、チェックできる体制になっているかどうかは不明)。

表1◎ 2社の商品比較
商品名「マイコード」「遺伝子解析キット」
サービス提供企業DeNAライフサイエンスジーンクエスト
商品の種類「オールインワン280+」、「ヘルスケア100+」、「カラダ30+」の3種1種
価格それぞれ3万2184円、2万1384円、1万584円(税込み)4万9800円(税込み)
解析項目「オールインワン280+」は病気と体質の全282項目。疾患は全部で152、うち癌39項目。「ヘルスケア100+」は癌・生活習慣病など疾患50と主要な体質50項目。「カラダ30+」体型や代謝、美容関連項目など体質を中心に30項目。体質など200項目。疾患は41と少なく(癌は肺癌と肺腺癌2項目)、それよりもBMI(体格指数)、筋力、言語能力、学習能力、記憶力など、体質や才能面の項目が充実。母系の祖先解析も。なお、癌については10月1日に「項目追加」の連絡があり、10月中には全部で20項目になる予定。また、10月8日には、睡眠関連5項目が追加された。

 どうやら、医師による“診断”は介在しないため(病気を診断すると医師法に抵触する可能性が出てくる)、あくまでも癌や糖尿病などの病気のなりやすさや、太りやすさや酒の強さなどの体質の評価を示すに留まるようだ。つまり、アンジェリーナの遺伝性乳癌のような単一遺伝子疾患や、統合失調症などの精神疾患は、仮に遺伝子検査で分かっても、教えてくれない。本当に深刻な病気は、たとえ分かっても購入者には知らされないのだ。怖くはないが、なんか物足りない、というのが日本の今の個人向け遺伝子検査なのかも。

唾をためて送るだけ

 注文して数日でどちらの商品も届いた。しかし、その内容は対照的だった。マイコードは立派な箱の中に、検査キットに加え、検査ガイド、重要事項確認書なども同梱。唾液を出すためにレモンを印刷したカードも添付、芸が細かい(写真2)。

写真2◎ マイコードの遺伝子検査キット
[画像のクリックで拡大表示]

 一方のジーンクエストのキットは、マイコードと比較すると、税込み4万9800円とは思えないチープな印象を受けた。写真3のように米国製のキットそのまま(マイコードも米国製だがキットのパッケージは日本語表記)に、数ページの説明書のみ。検体とともに送り返す検査同意書も、マイコードはカーボンコピーの「お客様控え」が手元に残るが、ジーンクエストは必要ならばコピーを取って下さいと書いてあった。諸々の説明もほとんどWebを参照する仕組みになっており、全体的にコスト重視の経営姿勢を感じてしまう。

写真3◎ ジーンクエストの遺伝子検査キット

 ま、それはさておき早速、検体採取。と言っても血液を採ったりするわけではない。唾液を口の中にためて採取容器に入れるだけ(写真4)。DNAは細胞の核内にあるので、細胞が剥がれやすい口の中の粘膜細胞が採取できれば十分なのだという。ちなみにDeNAの手順書には「唾液採取の30分前から水以外のものを口に含んだり、口紅などを付けたりしないでください」と書いてあった。

写真4◎ 唾液を入れたマイコードのキット

 採取後は、検査申し込み書兼同意書と共に検体を郵送する。また、結果はネットで見ることになるので、被験者登録(検査キットのID登録)をネットで行う。この流れは基本的に2社とも同じだ。

 さて、検体を郵送したのは両社とも8月18日だった。6日後の24日にはDeNAライフサイエンスから「試料を受領したので、解析センターで検査を開始する」旨のメールが届いた。ジーンクエストからは梨のつぶてなので、サイトに行ってみると状況が「検査中」と表示されている。ここで「ああ検体は届いてたんだ」と安心。それにしても、「検体受領」のメールくらい欲しいところ。ジーンクエストの社長は京大卒、今は東大大学院で学ぶ20歳代後半の女性だという。女性社長ならでは細やかさは、今のところ感じられない(そう言えば、DeNAライフサイエンスの親会社DeNAの前CEOも女性でした)。

 とそんなこんなの不満を抱いているうちに、DeNAライフサイエンスから「検査完了」のメールが8月28日に届いた。検体を送ってから10日後のことだった。

(次号「私は85歳までは生きないらしい」に続く)

まんだ ももゆき
医療ライター
医療雑誌の編集に長年携わり、現在も医療関連記事の取材・執筆や書籍編集に従事。50歳代半ば、体重も50キロ台半ば。趣味は山登り、酒は角瓶か芋焼酎。