日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 飲み過ぎを注意されてきたけど、「AST」「ALT」の値が下がったから、もう安心?  > 2ページ目

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

飲み過ぎを注意されてきたけど、「AST」「ALT」の値が下がったから、もう安心?

 田村知子=フリーランスエディター

肝硬変になると壊れる肝細胞がなくなる

 さらに、肝細胞の破壊が進むと繊維質が増えていき、肝臓が筋張って硬くなっていく。この繊維化が進んだ状態が「肝硬変」だ。

 「肝硬変の状態になると、肝臓が繊維化して、壊れる肝細胞がなくなってくるため、炎症は治まり、ASTやALTの値は下がってきます。しかし、病状としては逆に、悪化しているのです。肝硬変になってしまうと、お酒を控えても元に戻ることはなく、一生禁酒をしなければ、肝がんになるリスクが高まります」(黒崎氏)。


続きは「日経Gooday会員(無料)」、
「日経Goodayマイドクター会員(有料)」の方がご利用いただけます。

日経IDがあれば簡単30秒

この記事の概要

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.