日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 立ちくらみを起こすのは貧血のせい?  > 3ページ
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

立ちくらみを起こすのは貧血のせい?

 田村知子=フリーランスエディター

貧血は放置せず、原因を探ることが重要

 貧血には様々な種類があるが、大別すると3つのタイプに分けられる。どのタイプかを推測するには、赤血球の平均容積を表す「MCV」、赤血球に含まれるヘモグロビンの濃度を表す「MCHC」の数値を組み合わせて見る。分類の目安、主な貧血の種類は以下の通りだ。

MCV(赤血球の平均容量)=ヘマトクリット÷赤血球数
基準値の目安は、男性で83~103fL、女性で81~100fL

MCHC(赤血球に含まれるヘモグロビンの濃度)=ヘモグロビン÷ヘマトクリット
基準値の目安は、32~37%
貧血には赤血球の大きさにより様々な種類がある
MCVMCHC貧血のタイプ主な貧血
低値(基準値未満)低値(基準値未満)小球性低色素性貧血(赤血球が小さく、ヘモグロビンの濃度も薄い)鉄欠乏性貧血、鉄芽球性貧血、感染・炎症・腫瘍などによる貧血など
正常(基準値内)正常(基準値内)正球性(正色素性)貧血(赤血球の大きさもヘモグロビンの濃度もほぼ正常)溶血性貧血、再生不良性貧血、白血病、腎性貧血、急性出血など
高値(基準値より大きい)正常(基準値より大きい)大球性(正色素性)貧血(赤血球が大きく、ヘモグロビンの濃度は正常)ビタミンB12や葉酸の欠乏による巨赤芽球性貧血など
財団法人中部公衆医学研究所の基準値を基に編集部で作成

 奈良氏によれば「貧血で最も多いのが、小球性低色素性貧血に分類される鉄欠乏性貧血」だという。

 「成人女性の1~2割が鉄欠乏性貧血だといわれています。その主な原因は、月経による出血です。男性や閉経後の女性が鉄欠乏性貧血になった場合は、胃潰瘍や大腸がんなどにより、消化管から慢性的に出血しているケースが考えられます。貧血は何らかの原因があっての結果ですので、貧血と診断されたら放置せずに、その原因を探ることが重要です」(奈良氏)

正常な赤血球と貧血の赤血球の比較
[画像のクリックで拡大表示]
(1)正常な赤血球。(2)小球性貧血の赤血球。(3)大球性貧血の赤血球。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.