日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?

 田村知子=フリーランスエディター

会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのは有難いが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。このコラムでは、各種検査への臨み方や結果の見方、検査後の対応など、誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。

Q  休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?

A  いいえ。休肝日を設定しても、アルコールの総摂取量が減らなければ、中性脂肪値の改善は期待できない。

 中性脂肪値は、前回コラム「悪玉コレステロール値が高いのは、お酒を飲みすぎたから?」で紹介したように、血液検査による脂質代謝検査で調べるものだ。

 職場健診の脂質代謝検査の項目では、中性脂肪値よりもコレステロール値の方を気にする人が多いかもしれない。しかし、生活習慣病の予防・治療を専門とする岡部クリニックの岡部正氏は、「中性脂肪もコレステロールを介して間接的に動脈硬化を促進しますので、同様に注意が必要です」と指摘する。

 「中性脂肪が増えると、血液中の余分なコレステロールを回収して動脈硬化を予防する働きを持つHDL(善玉)コレステロールが減ることが分かっています。さらに、中性脂肪が多いと、『スモールデンスLDLコレステロール』が増えるともいわれています。スモールデンスLDLは、LDLコレステロールよりも粒子が小さく、血管内により多く入り込み、また酸化されやすい性質があります。LDL が悪玉なら、スモールデンスLDLは“超悪玉”と呼べるものです」

 また、中性脂肪は体のエネルギー源となるものだが、使い切れずに余ると脂肪組織に蓄えられて、皮下脂肪や内臓脂肪となる。中性脂肪の増えすぎは、肥満にもつながるのだ。

中性脂肪値が高ければアルコールと糖質を控える

アルコールは肝臓で中性脂肪の合成を促進する。(©Olexandr Kovernik-123RF)

 岡部氏によれば「職場健診で『中性脂肪値が高い』と指摘される人の多くは、食生活を変えるだけでも改善が見られます」という。「特に控えたいのが、肝臓で中性脂肪の合成を促進するアルコールと糖質(糖分)です。ご飯のほか、パンやパスタ、ラーメン、うどんといった小麦粉を主原料とした炭水化物も、体内で消化されると糖質として吸収されるので、食べ過ぎには注意が必要です」。

 質問者のように、中性脂肪値を下げるためには、アルコールを飲まない休肝日を設ければよいだろうと考える人は多いが、「休肝日を設けても、普段の日に飲み過ぎていれば意味はありません。また、ビールはアルコール度数が低いからといって、量をたくさん飲めば同じことです。肝心なのは、アルコールの総摂取量を減らすこと。休肝日を設けるなら、普段の日のアルコールの適量の目安も守るように心がけてください」(岡部氏)。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.