日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?  > 2ページ
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

休肝日を設ければ中性脂肪値は下がる?

 田村知子=フリーランスエディター

スイーツや果物も中性脂肪値を上げる

 また、岡部氏は「アルコールがなかなか止められないという男性と同じように、スイーツがなかなか止められないという女性も多く見受けられます。甘いものを食べてしまう背景には、糖分を取ることで、ストレスを紛らわせている場合も多い。そうしたケースでは、趣味など自分の好きなことで気分転換するといいでしょう」と話す。有酸素運動で脂肪が燃焼されると、血液中の中性脂肪も減少するので、ウォーキングやジョギングなどを習慣にできるとなおいいだろう。

 スイーツよりヘルシーなイメージのある果物も、果糖が含まれているため、食べ過ぎれば中性脂肪値を高める原因になるという。「最近の果物は特に、品種改良で糖度が高くなっているので注意が必要です」(岡部氏)。

 アルコールや果物の1日の摂取量は、以下の表を目安にするといい。

アルコール・果物の適量の目安(いずれか1種類のみを摂取する場合)
アルコール(カロリー換算で1日約200kcalを目安に)
ビール中瓶1本(500mL)
日本酒1合(180mL)
焼酎(35度)1/2合(90mL)
ウイスキーシングル(30mL)2~3杯弱
ワイングラス2杯(240mL)
缶チューハイ1.5杯弱(500mL)
果物(カロリー換算で1日約80~100kcalを目安に)
いちご15粒
さくらんぼ20粒
みかん2個
1個
1個
バナナ1本
オレンジ1個
グレープフルーツ1個
りんご1/2個
岡部氏の著書『ズボラでも中性脂肪とコレステロールがみるみる下がる47の方法』(アスコム)と厚生労働省「保健指導における学習教材集(確定版)」を基に編集部で作成。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.