日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 空腹時血糖が正常値なら、糖尿病は心配しなくていい?  > 2ページ目
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

空腹時血糖が正常値なら、糖尿病は心配しなくていい?

 田村知子=フリーランスエディター

1度の血液検査で糖尿病と診断される場合も

 ヘモグロビンA1cは、血液の赤血球に含まれるヘモグロビンにブドウ糖が結合したもので、1日の血糖値の平均が高いほど増える。血液検査でヘモグロビン中にヘモグロビンA1cが何%あるかを調べることで、検査前の1~2カ月間の血糖値の平均値を推察できる。

 「ヘモグロビンA1cはもともとは糖尿病患者さんの血糖コントロールの状態を見るために使われていましたが、変動する血糖値と比べて判定しやすいため、1970年代半ばから糖尿病の診断や職場健診にも用いられるようになりました。米国などではヘモグロビンA1cだけで糖尿病を診断することもあるようですが、日本ではあくまでも血糖値と併用して診断します」(真山氏)

 真山氏によれば、ヘモグロビンA1cの採用による最大のメリットは、「1回の血液検査で糖尿病と診断できるようになったこと」だという。

 「かつては、血液検査で糖尿病が疑われた人には、二次検査として『ブドウ糖負荷試験(OGTT:Oral Glucose Tolerance Test)』が行われていました。OGTTでは、空腹時の血糖値を調べたうえで、75gのブドウ糖液を飲み、30分間隔で2時間後まで血糖値と血中インスリン値を測定します。糖代謝の状態が詳しく分かる一方で、患者さんや医師の負担が大きく、費用もかかる。そのため現在では、厳密な血糖コントロールが必要な『妊婦糖尿病』が疑われる妊婦さんに実施する以外は、ほとんど行われていないのが実情です」

 日本糖尿病学会では、糖尿病の診断には、以下のような基準を設けている。

糖尿病の診断の流れ
糖尿病の診断の流れ
[画像のクリックで拡大表示]
初回検査で糖尿病と診断される場合と、再検査を経て糖尿病と診断される場合がある。『糖尿病治療ガイド』(発行:日本糖尿病学会)を基に編集部で一部改変

 まず、血液検査で血糖値とヘモグロビンA1c値を調べる。空腹時血糖値が126mg/dL以上なら「糖尿病型」、60mg/dL以上110mg/dL未満なら「正常型」、どちらにも属さない場合(110mg/dL以上126mg/dL未満)は「境界型」と判定される。随時血糖の場合は、200mg/dL以上で「糖尿病型」となる。

 空腹時血糖値または随時血糖値で糖尿病型と判定され、同時にヘモグロビンA1cが6.5%以上だった場合には、1回の血液検査で糖尿病と診断される。また、血糖値で糖尿病型と判定され、糖尿病の典型的な症状(のどが渇く、体重の減少、尿量の増加など)や明らかな合併症(糖尿病網膜症など)がある場合にも、同様に1度の検査で糖尿病と診断される。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.