日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 健診で高血圧でも、自宅で正常値なら心配はいらない?
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

健診で高血圧でも、自宅で正常値なら心配はいらない?

 田村知子=フリーランスエディター

会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのは有難いが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。このコラムでは、各種検査への臨み方や結果の見方、検査後の対応など、誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。

Q  職場健診では高血圧を指摘されたが、自宅では正常値。特に心配はいらない?

A  いいえ。健診の測定では血圧が高めになりがちだが、健診時の判定に従うのが基本。時間帯による変動も考慮に入れる必要がある。

健診では緊張やストレスなどによって血圧が上がりやすい。(©Andriy Popov/123RF.com)

 職場健診や医療機関で血圧を測定すると、普段より血圧が高くなる傾向がある。これは緊張やストレスなどによって血圧が上がるためで、「白衣高血圧」と呼ばれている。この対策として、健診時の血圧測定は2回行い、低値の方を採用する場合が多い。

 慶應義塾大学医学部 総合診療科講師の平橋淳一氏は「1回目の測定では高い数値が出ることが多く、2回目の測定値とは異なることがほとんどです。できれば3回測定して、間を取るのが理想」と話す。

 健診で高血圧であっても、普段の血圧が安定していれば大きな問題がない場合も多い。だが、白衣高血圧は将来、高血圧と糖尿病に移行するリスクが高いことが知られている。判定にはあくまで健診時の測定値が使われるので、「要受診」などの判定が出たら、その指示に従うのが基本だ。家庭では低いのに、健診でいつも血圧が高めになるという人は、家庭での測定の記録を受診時に持参して、医師に考慮してもらうといいだろう。

高血圧の基準は、家庭と職場健診では異なる

 その際、注意したいのは、家庭で測る血圧と健診や医療機関で測る血圧では「高血圧」の基準が異なる点だ。一般に、家庭で測る「家庭血圧」は、医療機関で測る「診察室血圧」よりも低めになるため、高血圧の目安も低く設定されている。

 診察室血圧では収縮期血圧(最大血圧)が130 mmHg未満かつ拡張期血圧(最小血圧)が85 mmHg未満であれば「正常血圧」、収縮期血圧が140 mmHg以上または拡張期血圧が90 mmHg以上であれば「高血圧」とされるが(前回記事「血圧は低いぶんには心配ない? 」を参照)、家庭血圧では収縮期血圧125 mmHg未満かつ拡張期血圧80 mmHg未満が「正常血圧」、収縮期血圧135 mmHg以上または拡張期血圧85 mmHg以上が「高血圧」とされている。家庭血圧が135/85 mmHgに近づいた場合は、医療機関を受診することが推奨されている。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.