日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 血圧は低いぶんには心配ない?
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

血圧は低いぶんには心配ない?

 田村知子=フリーランスエディター

会社勤めを続けている限り、避けては通れない職場の健康診断。自覚症状のない病気を見つけてくれるのは有難いが、仕事に追われるなかで再検査を受けるのはできれば避けたいのが人情。異常値を指摘されたとしても、どこまで生活を見直せばよいのか、今ひとつ釈然としない人も多いだろう。このコラムでは、各種検査への臨み方や結果の見方、検査後の対応など、誤解交じりで語られやすい職場健診についてわかりやすく解説する。

Q  血圧は低いぶんには心配ない?

A  普段健康であれば基本的に心配はいらないが、立ちくらみなどの症状があれば、原因として心臓や神経・ホルモン系の異常も考えられる。収縮期血圧が100 mmHgを切ると、脳貧血や脳梗塞などを起こすことがあるので要注意。

 高血圧は、動脈硬化を引き起こして脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めることが、一般にもよく知られている。職場健診でも、日本高血圧学会による以下の血圧値の分類の指針に基づき、血圧値を判定している場合が多い。

成人における血圧値の分類
[画像のクリックで拡大表示]
「高血圧治療ガイドライン2014」(発行:日本高血圧学会)を基に編集部で作成

 この指針によると、いわゆる“上の血圧”と呼ばれる収縮期血圧(最大血圧)が130 mmHg未満かつ、“下の血圧”と呼ばれる拡張期血圧(最小血圧)が85 mmHg未満であれば「正常血圧」。収縮期血圧が140 mmHg以上または拡張期血圧が90 mmHg以上であれば「高血圧」とみなされ、改善が求められる。

 一方、低血圧には明確な判定基準はなく、一般的には収縮期血圧が100 mmHg未満の時に「低血圧」と呼ばれている。

 低血圧が疑われる症状は、全身の倦怠感をはじめ、めまい、立ちくらみ、頭重感など。血圧が低いと脳への酸素供給量が減少し、いわゆる脳貧血の状態になりやすいためだ。早朝の低血圧では、寝起きが悪いという症状も出やすい。また、普段は血圧が正常範囲内でも、例えば椅子から立ち上がった時や、横になった状態から起き上がった時などに脳貧血を起こして急にふらついてしまうのは、「起立性低血圧」の症状。起立後3分以内に収縮期血圧が20 mmHg以上下がる場合にそう呼ばれる。

治療の要否は、血圧の値だけでは決められない

 慶應義塾大学医学部総合診療科講師の平橋淳一氏は、「診察に当たっては、単純に血圧の値だけで判断するのではなく、全身の倦怠感やめまいなど、症状の有無から治療すべき低血圧かどうかを判断しています」と話す。

 「例えば、20~30代の若い人では収縮期血圧が80~90 mmHgと低い人も多く見られます。通常、年齢とともに血圧は上がっていきますが、中高年でも血圧がもともと100 mmHg以下と低い人もいます。いずれも、症状がなければ治療対象とはしません。一方で症状が顕著な場合には、虚血性心疾患や不整脈、神経・内分泌疾患などが潜んでいることがあるため検査が必要です」(平橋氏)

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.