日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 知ってビックリ! 健診のウソ・ホント  > 医療被ばくが心配だから胸部エックス線検査は拒否してもいい?  > 2ページ目
印刷

知ってビックリ! 健診のウソ・ホント

医療被ばくが心配だから胸部エックス線検査は拒否してもいい?

 田村知子=フリーランスエディター

医師の判断により省略できるケースも

 ただし、例外的に省略できるケースもある。まず、休業中の場合は、健診自体を受けなくても構わないため、自ずと胸部エックス線検査も受けずに済む。

 また、医師の判断により、胸部エックス線検査を省略できるケースも一部認められている。青山学院大学大学院などで労働法関連の客員教授も務める、弁護士の岩出誠氏によれば、「先の訴訟をきっかけに、厚生労働省では、健診の胸部エックス線検査の対象者を見直すために専門家を交えた検討を行いました。その結果、医師が必要でないと認めた場合に胸部エックス線検査を省略できる基準を2010年に追加しています」。

 職場健診で胸部エックス線検査を省略できる基準は以下の通りで、年齢や職場環境、既往歴などを基に設けられている。40歳未満で、かつ、20、25、30、35歳でない人などが対象になる。

医師が必要でないと認めた場合に胸部エックス線検査を省略できる対象者
40歳未満のうち、次のいずれにも該当しない者
(1)20歳、25歳、30歳、35歳の人(40歳未満で、5歳ごとの節目の年齢に当たる人)
(2)幼稚園を除く学校、医療機関や介護老人保険施設など、感染症法で結核に関する定期健康診断の対象とされる施設などで働いている人
(3)粉じん作業を行う人、呼吸器疾患の自覚症状や既往歴のある人など、じん肺法で3年に1回のじん肺健康診断の対象とされている人
※厚生労働省の資料を基に編集部で作成

 では、上記の条件に照らし合わせて、省略が可能な対象者であると仮定して、「医師の判断」によって胸部エックス線検査の省略が実際に認められるのは、具体的にどんなケースなのだろう。

 「職場健診に限らず一般的に、妊娠中の胸部エックス線検査は、母体や胎児への影響を考慮して省略される場合が多いでしょう。ただ、これは慣例となっているだけで、本来は『妊娠中だから当然受けなくてもいい』ということではありません。妊娠中であることを医師に告げて、医師が受けなくてもいいと判断した場合などは省略できます」(岩出氏)

 前述の公立中学校教師の高裁判決では、胸部エックス線検査の人体への影響は、ほとんど考慮するまでもないが、ゼロではないと述べられている。不安がある場合は、医師に相談してみるとよいだろう。

岩出誠(いわで まこと)さん
弁護士、ロア・ユナイテッド法律事務所代表パートナー
岩出誠(いわで まこと)さん 1973年千葉大学人文学部法経学科(法律専攻)卒業後、東京大学大学院法学政治学研究科入学。東大民事判例研究会、東大労働法研究会に所属し、主に医療事故、労働災害などを含めた各種現代災害・事故に関する損害賠償法、労働保険法を中心として責任保険法、労働基準法を研究。同年10月に司法試験合格。75年同大学院修了後、最高裁判所司法研修所を経て、77年東京弁護士会入会。86年岩出綜合法律事務所を開設。2001年から現職。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.