日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 「わたしも、がんでした」

「わたしも、がんでした」

医学の進歩によって、「がん=迫りくる死」ではなくなっています。しかし、がんと共に生きることや働くことは、日本社会ではまだまだ普通のことと思われていません。がんと共に生きるとは、働くとは実際にはどういうことなのか―。国立がん研究センター理事長の堀田知光先生に、がんと診断されたあとの受け止め方と具体的な行動をまとめていただきます。また、ご本人ががんになったタレントのピーコ(杉浦克昭)さん、ご自身の家族ががんになったドキュメンタリー映画をまとめた映画監督の砂田麻美さんの体験談をつづっていきます。
(タイトルイラスト:南 伸坊)

有料会員になると、鍵つき記事鍵つき記事が全て読める
&医療専門家に電話相談や名医紹介も!

「わたしも、がんでした」の記事をもっと見る

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.